古代から現代までを読み解く通信の日本史

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

古代から現代までを読み解く通信の日本史

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年08月08日 19時11分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 159p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784867230589
  • NDC分類 692.1
  • Cコード C0021

目次

序章 日本文明と時代区分(日本文明と文明のベルト地帯;日本国の建国はいつか? ほか)
第1章 古代~近世 701年~1867年(律令国家成立前の通信;律令時代の「七道」は古代の高速道路 ほか)
第2章 近代 1868年(明治維新)~(近代郵便制度のスタート;日本における「電信」のはじまり ほか)
第3章 現代 1985年(通信自由化)~(通信の自由化;海底ケーブルの歴史 ほか)
終章 エピローグ―通信の未来(五感通信;六感通信?)

著者等紹介

玉原輝基[タマハラテルキ]
1959年広島県生まれ。大学卒業後NECソフト(株)に入社。その後(株)CSKにおいてシステム開発やAIの企画・営業に従事。2006年関東通信工業(株)代表取締役に就任。同社は1984年に創業。通信回線、通信機器、オンラインツールの販売やITサービス事業などICT全般にわたる事業を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KTakahashi

1
幕末から明治初頭の,電信技術と海底ケーブル布設,権利の国際交渉の部分を興味深く読みました。 2022/02/11

麦畑四十郎

0
科学的なファクトが背景にあっても、史観なき歴史の叙述はトリビア本になるなと改めて思う。(前者がなくて、後者だけのものは、単なる妄想)。 2021/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18861962

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。