小児看護と看護倫理―日常的な臨床場面での倫理的看護実践

個数:

小児看護と看護倫理―日常的な臨床場面での倫理的看護実践

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年10月23日 18時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 214p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784867190005
  • NDC分類 492.939
  • Cコード C3047

内容説明

日常の臨床場面でもやもやすることはありませんか?子どもに説明しないで処置や検査をしてもいいの?子どもの治療は誰が決めるの?子どもが入院したら親の付き添いはあたり前なの?その気づきこそが、子ども・家族を守る倫理的看護実践につながります。

目次

1章 総論(小児看護と看護倫理―日常のなかでの気づきとケアの意味;看護倫理に関する基礎知識―倫理原則、モデル紹介;小児医療の臨床倫理アプローチ―話し合いを始めるときに共有したいこと;倫理的課題を調整するうえでの看護師の役割;倫理的感受性を高める看護師教育 ほか)
2章 日常の看護場面での倫理的課題(十分なケア提供ができていないこと;子どもの権利と尊厳;インフォームドコンセント、インフォームドアセント;子ども・家族の自己決定;安全確保と抑制 ほか)

著者等紹介

松岡真里[マツオカマリ]
京都大学大学院医学研究科人間健康科学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。