ことのは文庫<br> 酔いが回ったら推理どき―酩探偵天沢理香のリカー・ミステリー

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ことのは文庫
酔いが回ったら推理どき―酩探偵天沢理香のリカー・ミステリー

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784867163061
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

お酒がらみの謎、引き受けます。酔えば酔うほど推理が冴える彼女は酩探偵。おいしくて優しいほろ酔いミステリー。

内容説明

東京で働く社会人3年目の進藤久登には、お酒を熱愛する年上の幼なじみ・天沢理香がいる。理香は、お酒を飲めば飲むほど推理が冴える“特技”を活かして助手の久登とSNSで謎解きを募集していた。ただし条件が2つ。ひとつは「お酒がかかわる事件であること」。もうひとつは「その謎に関係するお酒が飲めるお店で会うこと」。つきあいたての恋人同士はハイボールですれ違う。ビールが巻き起こす国際交流の危機!?お酒の知識と楽しさをちりばめた、一杯飲みたくなる推理劇。ことのは文庫×エブリスタライト文芸賞大賞受賞作!

著者等紹介

六畳のえる[ロクジョウノエル]
栃木県生まれ。兼業小説家・ライター。2012年から小説を書きはじめ、2020年より小説投稿サイトエブリスタで作品を発表。エブリスタに掲載の『酔いが回ったら推理どき 酩探偵天沢理香のリカーミステリ・ファイル』(のち改題)でことのは文庫×エブリスタ“ライト文芸賞”大賞を受賞、初の書籍化作品となる。お酒全般の情報を配信するWEBサイトでエッセイを連載中。〓酒師の資格を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆのん

57
お酒を飲めば飲む程に推理力に磨きがかかる『酩』探偵。お酒に纏わる日常のミステリーを飲みながら解いていく。以前は晩酌を欠かさなかったが、今では滅多に飲まなくなった私だが、飲んでみたいお酒のオンパレード。つまみもかなり魅力的。まさか、作者も飲む程に筆が進む?なんて思ったりもする。お酒を飲んでの推理も冴えているが、かなりの博学で魅力的な探偵、ナイスサポートの幼なじみもワトソンやヘイスティングス並の本人はそれと知らずに活躍をする。『人を幸せにするお酒』を目指して推理するミステリーも、お酒の知識も楽しい作品。2022/06/06

なみ

13
お酒限定の探偵、天沢理香がお酒を飲みながらお酒にまつわる謎を解決していく連作短編ミステリー。 探偵役の理香さんがとても魅力的で、推理モードへの切り替えが格好良いし、本当にお酒が好きなことが伝わってくる描写が素敵でした。 お酒が絡んだ謎も面白くて、理香さんと一緒に考えながら読めます。特に最後の話、綺麗すぎじゃない?天才かよ。 恋愛要素も可愛くて好きです。お似合いなので早くくっついてほしいけど、一生このままでいてほしい気もします。 ミステリーでありながら、飯テロ兼酒テロ小説。お酒が飲みたくなってきます!2022/06/21

菊地

1
酒にまつわる事件専門の安楽椅子探偵短編集。 お酒のうんちくがふんだんに盛り込まれており、お酒を通じた様々な人間模様が垣間見える、とても楽しい1冊でしたね。 そんなにお酒を飲まない僕でも、美味しい肴と共にお酒が飲みたいと思わせるような、いい本でした。2022/06/25

❥ⓜⓘⓨⓤⓚⓘ𓃟

1
謎解きミステリー、と言っても殺人があったりするわけではない。とにかく、全編に渡って「酒」に関する謎を解く。ハイボール、日本酒、クラフトビール…。出てくる出てくる、お酒のうんちく。 作者の六畳のえるさんは、唎酒師(ききさけし)の資格も持っているそう。マニアックな雑学もあり、面白かった。 小説はライトな読み心地。 これからお酒を飲みたい若い方は、改めて人に聞けないお酒の基本の話も出てきて重宝しそう。既にお酒好きな方はぜひ、出てくるお酒を呑みながら読むのがおすすめ😋🍷✨2022/05/28

HASE, Moto

0
天沢理香は都内で会社員をしながら、お酒にまつわる謎解きの依頼を受けている。 ワトソン役の幼馴染み・久登の視点で語られる、酒と肴と日常の謎と、この上なく魅力的な“酩”探偵のこと。全4話から成る短編集。 おもしろかった! 酒好きじゃないと書けないマニアックな描写が楽しい。都内の路線図に詳しければさらに楽しめるんだろうなと思うと、ちょっと悔しい。 わちゃわちゃ男子飲みの日本酒の謎は何となくわかった。というのも、あのエリアは最近ハマってるので。2022/06/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19686901

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。