GC NOVELS<br> 転生したらスライムだった件〈19〉

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

GC NOVELS
転生したらスライムだった件〈19〉

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2022年08月12日 15時28分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 329p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784867162033
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

シリーズ累計2500万部突破!最強転生ファンタジー最新刊いよいよ登場。強敵ミカエルとの死闘が遂に決着!?

著者等紹介

伏瀬[フセ]
サラリーマン。『小説家になろう』で連載を開始し、今に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

☆よいこ

59
転スラ⑲王都騒乱編[天使長、動く]オーベラ脱出[最初の戦い]前哨戦[正義の軍勢]天使軍の幹部任命[大戦の始まり]巨人ダグリュール兄弟戦[王都炎上]ヒナタ活躍[集う英傑達]ルドラ再臨[進化する悪意]滅界龍イヴァラージェ▽キャラが増えすぎ問題、間があくと分からんくなる。時間停止戦のクリア条件を‘’情報子”という理屈をくっ付けてクリアする面白さよ。全てのキャラが愛されている。クレイマンさえ救われるとか、ヒナタも勇者への道が開かれるし、マサユキのチートは史上最強やし。表紙はヒナタ。あと3巻で終わる?2022/02/11

こも 零細企業営業

28
神魔大戦が始まる。 前の巻きでピンチになっていた享楽の道化達。 ユウキとラプラスが、、 本当に消えたのか? なんか、、 「あ〜死ぬかと思った」と言いながら地面からニョキッて生えて来そうな気がするんだよな。 だって何回コイツら死ぬ目に遭ってる? そして、主人公のリムルもとんでもなく強くなってるな。 いや、元大賢者さんのシエルさんの能力が強くなって、それにリムルが振り回されてる感じかな? でも相手もドンドン強くなって、コッチも強くなって、、 強さのハイパーインフレが起こってる。2021/12/31

ハイちん

13
ラスト3巻、クライマックス間近とのことで敵のインフレがすごかった。ただそれ以上に味方のインフレがすごかったけど。実力で劣っていてもリムル陣営でさえあれば援軍が来るなりしてどうにか生き延びられる。今回の敵はかなり頑張ったが蓋を開けてみればリムル陣営の将をひとりも落とせてない。今後も戦いは続くが味方キャラのひとりでも落とせれば敵は御の字だろう。強さインフレと言えばドラゴンボールだが、ドラゴンボールでは戦いのたびに死者が出るくらいの被害は出た。今の転スラは被害がなさすぎてドラゴンボールを使うまでもない。2021/12/02

サケ太

11
スケールがデカく、登場人物も多すぎて理解しにくい部分もある。ラスボスは誰になるんだ。2021/11/30

DaikiK

10
強さがインフレしすぎて収拾がつかなくなってる件。当初のワクワク感はもう消えて久しいが、面白くない、とまでは言えない。あと数巻で終わるとのこと、ここまできたら最後まで読みたい。そこまで気力が保てるかは不明。2022/02/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18588743

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。