ぼくらがアニメを見る理由―2010年代アニメ時評

個数:
電子版価格 ¥2,399
  • 電書あり

ぼくらがアニメを見る理由―2010年代アニメ時評

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年03月01日 23時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 400p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784845918362
  • NDC分類 778.77
  • Cコード C0074

内容説明

アニメを言葉でつかまえてみたい。ずっとそう思っている。本書はその実践の記録だ。2012年にスタートし、現在もWEBで継続中のアニメ時評「アニメの門」。そこに掲載された作品評を中心に、雑誌などに発表した多数の論考を収録。『魔法少女まどか☆マギカ』から『天気の子』まで、2010年代を飾ったアニメたちを語り尽くす。

目次

第1部 2010年代のアニメ作家たち(『天気の子』『君の名は。』―新海誠の周辺;『かぐや姫の物語』『風立ちぬ』―2010年代のスタジオジブリ;『この世界の片隅に』―片渕須直のいるところ;『リズと青い鳥』―山田尚子の歩み;『未来のミライ』―細田守の道)
第2部 作品は語る(アニメの描くもの;キャラクターの風景;アニメの表現と周辺;2010年代海外アニメーション)

著者等紹介

藤津亮太[フジツリョウタ]
アニメ評論家。1968年、静岡県生まれ。新聞記者、週刊誌編集を経て、2000年よりフリー。雑誌・WEB・BDブックレットなど各種媒体で執筆中。東京工芸大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件