ことのは文庫<br> わが家は幽世の貸本屋さん―残月の告白と妖しい秘めごと

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

ことのは文庫
わが家は幽世の貸本屋さん―残月の告白と妖しい秘めごと

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月21日 22時20分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784867161517
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

お互いの想いに気づいてしまった夏織と水明。二人のジレジレ恋模様の行き先は?笑いと涙と人情の、どこか優しい幽世の物語、第5巻!

内容説明

ついにお互いの想いに気づいた夏織と水明。しかしそんな二人を貸本屋最大のピンチが待ち受ける。化け狐の白蔵主が、娘が人間に恋をしたのは店の本を読んだからだ、と怒鳴り込んできたのだ。「幽世に貸本屋など必要ない!」白蔵主の過激な言葉に東雲もヒートアップ!このままでは狐の炎と龍の雷で貸本屋が燃えてしまう。そう危惧した夏織たちは白蔵主の怒りを鎮めるために、日本三大狸に協力を要請。彼らを説得するため、旅立つのだが…。人と人、人とあやかし―さまざまな恋愛を綴った貸本屋シリーズ最高の恋物語!!

著者等紹介

忍丸[シノブマル]
シナリオライターの仕事の傍ら、WEB小説を執筆。『異世界おもてなしご飯』(カドカワBOOK)で書籍化デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Roko

24
なんでも願いが叶うし、不老不死の身体を手に入れられる人魚の肉というのが今回のキーワードなんだけど、そういうものを欲しがる人っていつの世にもいるのよね。でも、本当にそうなった時に失ってしまうものもあるということに気がついた物語屋の玉樹さんの運命のことを考えると、確かに辛いなぁ。終わりがあるということの大事さもあるんだなぁ。ラストに出てきた東雲さんの身体の具合が気になるんですけど、次作はそこから始まるのかしら?#NetGalleyJP2021/06/18

kankan

6
独特の雰囲気を持ってと玉樹が逝ってしまった。 明かされた過去、そして想い。 夏織の告白の行方は如何にだけど、先は見えてるよねぇ。2022/03/13

ミント

2
★★★★★2021/05/04

hotate_shiho

1
お互いの気持ちに気づいた夏織と水明。だけどそんな時に化け狐の白蔵主が、幽世に貸本屋は必要ないと言い、東雲さんも激怒。白蔵主の怒りを鎮めるために頑張る2人。凄く面白かったです。両思いで良かったー。 2021/06/19

えりか

0
読みおわった 今回は家族のありかたとは何かについてがテーマな話だと思った回でした。 狐の娘が現世の男に恋をしたことから話は始まります。 父親として何ができるのか、何かしてやれることはあるのか。正解はないと思います。私は父親ではないですが、自分が父親の立場ならどうするかを考えて読んでいました。凄く複雑だと思います。 また、住む世界が違うこと。人間と妖では恋が難しいこと等。 そして、前巻に出てきた人魚の肉売りが出てきましたよ?なんか、テンションが凄く高かったですが?2023/11/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17927533
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。