ことのは文庫<br> 妖しいご縁がありまして―お狐さまと記憶の欠片

個数:
電子版価格 ¥737
  • 電書あり

ことのは文庫
妖しいご縁がありまして―お狐さまと記憶の欠片

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年04月23日 04時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784867160664
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「決して手を離してはいけないよ」そう言われたのに――。失った祖母との記憶を巡り、女子高生と妖狐が金沢を舞台に贈る記憶の物語。

内容説明

「決して手を離してはいけないよ」そう、言われていたのに―。ある夏祭りの夜、祖母の言いつけを守らなかった八重子は、田舎町で過ごした数年間の記憶をなくしてしまう…。時は過ぎ、祖母の死をきっかけに再び田舎町で暮らすこととなった八重子はそこに突然現れた男に失礼な言葉をかけられる。「おまえ、面白いものをなくしているな」二紫名と名乗るこの男、どうやら八重子のなくした記憶について何か知っているようで―!?女子高生と白狐が織りなす記憶と宝探しの物語。

著者等紹介

汐月詩[シズキウタ]
2018年より「エブリスタ」にて小説『妖しいご縁がありまして』を発表。デビュー作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。