ことのは文庫<br> わが家は幽世の貸本屋さん―黒猫の親友と宝石の涙

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

ことのは文庫
わが家は幽世の貸本屋さん―黒猫の親友と宝石の涙

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月19日 11時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784867160220
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

あやかしに育てられた夏織と祓い屋の水明、立場を超えた愛を情感あふれる筆致で綴る、ジレジレ恋愛模様のあやかしファンタジー!

内容説明

人でありながら幽世で貸本屋を営む夏織は、ある日、隣家の鬼女・お豊が出産間近なことを知る。その姿に「生みの親」への思慕の念を抱いた夏織は育ての親・東雲との生活に不満を感じた自分に落ち込んでしまうが、それを見かねた黒猫であやかしの“にゃあ”からある提案を受ける。「覚悟があるなら話してあげる。現し世であたしが知った、すべて」…それは夏織も初めて知る、母・秋穂と“にゃあ”の、ある約束の物語だった―!怖いけどどこか憎めないあやかしたちを、情感溢れる筆致で書き綴る感涙の最新刊!!

著者等紹介

忍丸[シノブマル]
シナリオライターの仕事の傍ら、WEB小説を執筆。『異世界おもてなしご飯』(カドカワBOOK)で書籍化デビュー。人情味あふれる人間関係や「食」について書くのを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はつばあば

46
水明の母親、お豊さんの母親、そして黒猫にゃあから聞かされた夏織の母親の事。自分のお腹から出てきた生命を慈しむ母親たち。いやいや母親ではないが東雲さんもナナシさんも本当に愛情深く夏織を育ててきましたよ。勿論にゃあさんは親友の立場。心温まる巻でしたがどうやら幽世にキナクサイ匂いが・・。4巻目が文庫になるころ5巻目が出ているかもしれない。しばらくはコロナの現世に戻って・・積読本を2021/05/04

ゆなほし

40
シリーズ3作目。夏織は黒猫のあやかし“にゃあ”から母・秋穂との約束の物語を聞かされる…。今巻は涙無しには読めない!人でありながら幽世で暮らす夏織は、幸せを感じながらもやはり生みの親の事が気になっている。今まで明かされずにいた夏織の母の話、にゃあと秋穂の約束、そのあまりの愛の大きさに涙が止まらない。夏織と水明のもどかしい関係もはっきりと形を変え始め、様々な変化が訪れる。どのあやかしも、どこか怖いのに人間よりも温かみを感じる優しい世界観が素晴らしい。養父東雲も、ナナシも、にゃあもみんな愛おしい。2020/09/23

葵@晴読雨読

28
面白かった!夏織の過去が明らかに。にゃあさんと夏織の母・秋穂の話は良かった😭✨ お豊さんと岩手の話も良かった~( *´艸)2021/01/21

がんも

12
シリーズ第3弾、母の愛の巻、こういう展開は駄目です泣かされます、母親の愛情ほど強い愛はないですね、そしてあの人の正体が!暗躍する敵の正体は……2021/12/26

Roko

12
人間である夏織さんが何故、幽世で暮らすことになったのか?お母さんはどんな人だったのか?にゃあさんが語る話は、いろんなことを考えさせてくれました。夏織さんを本当の親の元ではなく幽世で暮らさせようと、にゃあさんはなぜ決めたのか?東雲さんはどうして夏織さんを育てようと思ったのか?いろんな偶然と彼らの優しい気持ちがあったからなのでしょう。文に綴られ、けれど思いが叶わなかった人の心の化身「文車妖妃」さんが水明に言った「本選びは自分と向き合うことでありんすよ」という言葉は、含蓄のある言葉でした。NetGalleyJP2020/06/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15832863

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。