チーズづくりの民族誌―ペルー山村の暮らしと市場をつなぐ「計算」と「配慮」

個数:

チーズづくりの民族誌―ペルー山村の暮らしと市場をつなぐ「計算」と「配慮」

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 248p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784866921037
  • NDC分類 641.7
  • Cコード C3039

出版社内容情報

市場原理でうまく稼ぎながら農村内の人間関係を維持することは、時に軋轢を生み苦労と気遣いを必要とする。ペルー北部山村のチーズを販売する農民の試行錯誤から生まれた知恵は、閉塞感のある現代社会に生きるわれわれにヒントをくれる。

内容説明

市場原理に基づく計算と村内の調和術。市場原理でうまく稼ぎながら農村内の人間関係を維持する。農民の試行錯誤から生まれた知恵は、閉塞感のある現代社会に生きるわれわれにヒントをくれる。

目次

経済人類学の農民研究と本書の目的
第1部 カハマルカ県酪農業の概要と乳製品を販売する農民の生活(カハマルカ県酪農業とチーズ流通網;チーズ生産者の消費と社会関係づくり)
第2部 村内における市場経済の影響と農民の振る舞い(農村における市場経済の影響と農民の特異な経験;村内での利益追求と協調意識―社会/市場の重なり)
第3部 都市の動向と村外に向けた選択(ケシーリョ市場の取引関係―農民と仲買人;農村開発とチーズ生産者の選択―農民と開発支援者;農民の計算と配慮の実践)

著者等紹介

古川勇気[フルカワユウキ]
1983年8月愛知県名古屋市生まれ。2008年3月埼玉大学教養学部卒業。2010年3月埼玉大学大学院文化科学研究科修了。2018年3月東京大学大学院総合文化研究科満期退学。2019年2月東京大学大学院総合文化研究科博士(学術)取得。「ペルー北部山地のチーズ技術供与における開発支援者の期待と農民の実践」(『文化人類学研究』19号、2018年)(現代文化人類学会奨励賞受賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。