タクシードライバーぐるぐる日記―朝7時から都内を周回中、営収5万円まで帰庫できません

個数:
  • ポイントキャンペーン

タクシードライバーぐるぐる日記―朝7時から都内を周回中、営収5万円まで帰庫できません

  • ウェブストアに1077冊在庫がございます。(2021年11月29日 14時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 204p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866809205
  • NDC分類 685.5
  • Cコード C0095

出版社内容情報

ベストセラー『日記』シリーズ最新刊!!
50歳で失業、以降15年間にわたってタクシードライバーとして勤務した著者による、怒りと悲哀と笑いの録。

「おい、どこ行くんだ!」
後部座席のお客が大声で怒鳴る。私は思わず急ブレーキを踏んでいた。
「すみません。お話し中だったものですから」私は詫びた。
「しょうがねえなあ。八重洲と言っただろ?」
「まだこのあたりに詳しくないもので……」
「チッ」 30前後と思われるお客はあからさまに舌打ちをした。(「はじめに」より)

今回もすべて実話の生々しさ。

内容説明

お客の中には上から目線でストレスのはけ口をドライバーに向ける人もいた。お客の理不尽な言いがかりにも反論することなく、ぐっと我慢した。嫌なお客が降りた後、車内で「バカヤロー」と何度大声で怒鳴ったことだろう。―50歳でスタートし、65歳でリタイアするまでの15年間の体験を書きまとめた。私には私にしか書くことができない事実や思いがある。

目次

第1章 汗と、涙と、罵声の日々(採用基準―私のタクシー会社選び;タクシー業界のイロハ―つどう“エリート”たち ほか)
第2章 ドライバーの事情、お客の事情(探しに出るか、待つか―ライバルたち;クラスメイト―なぜ話しかけられなかったのか? ほか)
第3章 警察なんて大嫌い(違反切符―ニコニコ顔の警察官;ソープランド―人生悟った如来さま ほか)
第4章 さよならタクシードライバー(最高営収―12月、金曜日の奇跡;決定的な出来事―一過性黒内障の疑い ほか)

著者等紹介

内田正治[ウチダショウジ]
1951年埼玉県生まれ。大学卒業後、家業である日用品・雑貨の卸業を継ぐべく専務として勤めるものの会社が倒産。両親と息子を養うため、五〇歳のとき、タクシードライバーに。以来、六五歳で退職するまで15年間にわたり1日約300キロを走行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。