これからのマネジャーは邪魔をしない。―多様な働き方時代のマネジメント・シフト

個数:
電子版価格
¥1,650
  • 電書あり

これからのマネジャーは邪魔をしない。―多様な働き方時代のマネジメント・シフト

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月15日 22時53分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866801209
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C0030

内容説明

「邪魔をしない」副業、リモートワーク、フリーランス…多様な働き方が可能な時代のこれからのマネジメント。

目次

第1章 多様な働き方時代のマネジメント・シフト(働き方を強制的に変えた「新型コロナウイルス」の衝撃;リモートワークの働き方は何が違うのか? ほか)
第2章 ルールチェンジが起きている(働き方のルールチェンジ;「当たり前のことを当たり前にできる」が一番すごい ほか)
第3章 これからのマネジャー・リーダーのあり方(リモートワーク時代のマネジャー・リーダーの仕事とは?;多様な働き方時代にマネジャーがやるべき1%のこと ほか)
第4章 これからのチーム・組織のあり方(ルールではなく、文化を作る;「仕事」ではなく「ライフ」を優先させる ほか)
第5章 リモート時代のマネジメント仕事術(リモートワークでのコミュニケーション;オンライン会議のコツ ほか)

著者等紹介

石倉秀明[イシクラヒデアキ]
株式会社キャスター取締役COO。1982年生まれ。群馬県出身。株式会社リクルートHRマーケティング入社。2009年に当時5名の株式会社リブセンスに転職し、事業責任者として入社から2年半で東証マザーズへの史上最年少社長の上場に貢献。その後、株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)のEC事業本部で営業責任者を務めたのち、新規事業・採用責任者を歴任。2016年より700人以上のメンバーがほぼ全員リモートワークで働く株式会社キャスターの取締役COOに就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

茶幸才斎

4
邪魔にだけはなりたくないな、と思う。優秀なうちのチームメンバーには、日々気持ちよく仕事をしてほしい。それだけが願いだ。リモートワークが注目され、働き方の見直しが叫ばれる中、業務管理のあり方にも変化が必要だ。人生の価値観も会社との距離感も雇用形態も多様なメンバーを擁して仕事を上手に進めていくには、各人に役割を明示し、信頼して任せてみて、役割を果たせたら成果として評価し、躓いたら助言する。また、チーム内の風通しをよくし、疑心暗鬼を生まないよう配慮する。これからのマネジメントはそれくらいでいい、と云っている本。2021/07/07

ゆとりのなべはる

3
マネジャーに過剰に期待しないですむ社会を目指すという、個人的な願望のヒントになりそうです。記載の内容は、すべて理解できているつもりだけど、理解できない人にはなかなか理解できないんだろうなぁと思いました。2021/03/07

まいまい

2
発売直後に買ったのに積ん読。まさに2年。でもまだ内容は新規性あると思う。だってまだ書いてあることに気づいてない会社が多いから。リモートワークという働き方を組織が認めるのなら、経営や管理職・リーダーの考えが変わらないとなんにも変わらないよなぁ。そうでないとメンバーもリモートワークに特化したマインドセットにはならないかもね。実体験や他社から聞いた話がまんま起こってる。でもまあ、ウェルビーイングやらが注目されてるいま、出社リモート問わず組織やマネジメントの考え方はアップデートされるべき。軍隊みたいな会社とかね。2023/02/26

へいへい

2
タイトルに惹かれて買ったが、予想以上に良書だった。「マネージャーが求めるべきは、役割を果たしているかどうか、だけ」「モチベーション管理するは不要」「メンバーを自走させる仕組みを作る」「戦略とは戦いを省略すること」「成果がなければモチベーションは上がらない」など、シンプルだけど目からウロコな力強いメッセージが効く。働き方も働かせ方も旧時代のものを踏襲していてはダメだと言うこと。旧時代のバブル期管理職にこそ知って欲しい事実だけど…2021/03/07

ys

1
去年のホワイトデーに同居人からもらった本。学習しながら自走するチームを作りたく再読。自走するための必要条件とマネージャーのとるべき行動の方向性は端的に示されており分かりやすかったです。具体的に各ポイントでどんなことをやるべきかまでは書かれていませんが、メンバーが主体性を発揮したり能力を高めたりするには、マネージャーがいかに効果的に環境を整え、有効なやり方を示すことができるかに懸かっていることがよく分かりました。「文化を作りたければ、率先してその姿を見せるべき」という点も確かになと納得・反省しました。2022/02/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17344850
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。