自己啓発をやめて哲学をはじめよう

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

自己啓発をやめて哲学をはじめよう

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年10月26日 14時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 174p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866800271
  • NDC分類 104
  • Cコード C0030

内容説明

自分の可能性を信じれば信じるほど、自己啓発の罠にはまってしまう。ビジネスから社会学・生物学、神・意識の存在など多角的視点で哲学を考察する一冊。

目次

第1章 自己啓発をあきらめる(現代の日本で自己啓発が流行る理由;自己啓発では金銭的な成功が得られない理由;絶望から逃げるのではなく哲学をする ほか)
第2章 神はいるのかという問題(生物の目の構造が教えてくれること;私たちの意識はどう生まれたのか;東洋思想における決定的な弱点 ほか)
第3章 哲学への誘い(古典的な哲学のおおまかな流れ;人間に不幸をもたらす認識について;哲学を進めるときの留意点 ほか)

著者等紹介

酒井穣[サカイジョウ]
株式会社リクシス創業者・取締役副社長CSO(Chief Strategic Officer)、新潟薬科大学客員教授、認定NPOカタリバ理事、介護メディアKAIGO LAB編集長。1972年東京都生まれ。慶應義塾大学理工学部卒。Tilburg大学TIAS School for Business and Society経営学修士号(MBA)首席(The Best Student Award)取得。商社にて新事業開発に従事後、オランダの精密機械メーカーに光学系エンジニアとして転職し、オランダに約9年在住する。帰国後はフリービット株式会社(東証1部)の取締役(人事・長期戦略担当)を経て、東日本大震災をきっかけに独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。