世界が面白くなる!身の回りの科学

個数:
  • ポイントキャンペーン

世界が面白くなる!身の回りの科学

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2021年09月19日 00時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866672823
  • NDC分類 404
  • Cコード C0040

出版社内容情報

小学校と中学校の理科、高校の化学、物理、生物、地学など……。
苦手な人も多く、学生の時に一生懸命勉強したが、日常生活では使わない“科学”。
「いったい、科学は何に役立っているのか?」
そんな疑問を物理学者の著者が、文系の人にも分かりやすくご紹介する。
生活に欠かせない電子レンジやナビ、話題のAIなど、あらゆる科学を知ることのできる1冊。
また、アインシュタインの「相対性理論」や「シュレーディンガーの猫」など、特に“難解”と言われている理論を読むだけで分かるようにやさしく説明します。
本書であなたも科学博士に!

内容説明

AIが人間を超えるのはいつ?ブラックホールは1こじゃない!?火星の夕日は何色?世界は科学でしか解明できない。世界を見る目が変わる。

目次

1 「科学ってなんで勉強するの?」と思っていませんか?(身の回りには「科学」があふれている;あらゆる場所に多く存在する電磁波 ほか)
2 科学の歴史と科学者(科学は科学によって証明される;現代文明に不可欠な電磁波の発見 ほか)
3 身の回りにある科学の仕組みと不思議な科学(日常生活に欠かせない電化製品;火星の夕焼けは何色? ほか)
4 難しい科学を読み解く(相対性理論とアインシュタイン;ブラックホールと一般相対性理論 ほか)

著者等紹介

二間瀬敏史[フタマセトシフミ]
京都産業大学理学部教授。1953年、北海道生まれ。京都大学理学部を卒業後、ウェールズ大学カーディフ校応用数学・天文学部博士課程を修了。マックス・プランク天体物理学研究所、米・ワシントン大学研究員、東北大学大学院教授などを経て、京都産業大学理学部宇宙物理・気象学科教授、東北大学名誉教授。一般相対性理論と宇宙論が専門(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。