説明は速さで決まる―一瞬で理解される「伝え方」の技術

個数:
電子版価格
¥1,400
  • 電書あり

説明は速さで決まる―一瞬で理解される「伝え方」の技術

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866630755
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0030

内容説明

報告、打ち合わせ、プレゼン、面接。なぜ、あなたの話は伝わらないのか?言葉の選び方、並べ方を変えるだけで、口ベタでも、うまくいく!

目次

序章 説明にスピードが求められる時代になった
第1章 ターゲット思考―いらない言葉を削り、適切な言葉を探す技術
第2章 最速説明マップ―説明の要素を把握し、最速ルートをつくる技術
第3章 透明ルート標識―話の道筋を一瞬で理解してもらう技術
第4章 脳内ナビ・ワード―相手を話に引き込んで、最後まで飽きさせない技術
第5章 無意識クラクション―ポイントをさりげなく強調して、印象に残す技術
終章 シチュエーション別で見る「説明のコツ」

著者等紹介

中村圭[ナカムラケイ]
博報堂所属のコピーライター。世界最高の広告賞であるカンヌ国際クリエイティビティフェスティバルの金賞や、国内最高の賞であるACCのゴールドを受賞。世界各国の30歳以下のプロで争われるヤングスパイクスの日本代表にも選出されシルバーを獲得するなど、国内外で80以上の賞を獲得している。また、広告制作の傍ら、講演、セミナー、学校での授業などを通じて、コピーライティングの技術を、誰でも使いやすい「伝える技術」にして教えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おつまみ

43
文章は見た目が大事。見た目が汚いと中々読まれない。論文並みの文章は別だけど、プレゼンで説明する時の文章は短くて、しかも綺麗に並べることが大切。2021/04/08

乱読家 護る会支持!

4
説明が長くなる方の特徴として、「課題やテーマのポイントを絞れていない」 「説明のロジックができていない(自分が設定している前提を明確にしていないなど)」 「自分はしっかりやっている、私は悪くないとアピールしたい」 などがあるように思います。 説明が長い人に対しては、正直「こいつ、頭悪いなあ」「ワシの時間を無駄にしやがって」などなど、ネガティブな感情が湧いてきます。 少なくとも自分よりも偉い人に説明する場合は、説明をコンパクトにお願いしたいですわ、、、 2020/04/14

帯長襷

3
いままで読んできたコピーライト形と基本的に同じ。ちょっと小手先感があるので、内容を深めるというより目の前の表現にとりあえず困ってる!という人向けかな。2021/08/01

シナモン

3
アウトプットするときに必要な情報が、わかりやすく載っています。「ポイント3つ」は「3つもあるのか…」と思われてしまうそうですよ。読み込んで、説明を速くするための技術を使いこなせるようになりたいです。2019/06/05

どすきん

2
話し言葉なら良いが、文章の一人称に「僕」を使う人は信用していない。それとは別に、さだまさしの『関白宣言』を「女性蔑視」と受け取る人たちが少なくないと聞く世では、「伝え方」は難しい。それを解決出来る方法を探る手掛かりは見つからなかった。2022/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13760553
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。