Daria Series uni<br> 天官賜福〈2〉

個数:
電子版価格
¥2,200
  • 電書あり

Daria Series uni
天官賜福〈2〉

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2024年07月20日 05時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 432p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866576299
  • NDC分類 923.7
  • Cコード C0093

出版社内容情報

二度の追放を経て、八百年ぶりに神官に復帰した謝憐(シエ・リェン)は、
下界で三郎(サンラン)という少年に出会い、ほんの数日の間に親しくなる。
謝憐(シエ・リェン)のことを「兄さん」と呼び、常に悠然と笑っている
三郎(サンラン)。しかしその正体は、天界の神々ですら恐れるほどの絶大な
力を持つ鬼王、花城(ホワチョン)だった――! 再会を約束するかのように、
指輪を一つ残して姿を消した花城(ホワチョン)。一方、天界に戻った謝憐
(シエ・リェン)だったが、失踪した神官の捜索という任務を受けて鬼市に潜入
することになる。そこはまさに花城(ホワチョン)の縄張りで、彼の住処に招か
れた謝憐(シエ・リェン)は、少年ではない真の姿で現れた彼に「会えて嬉しい」と歓迎されて!?

内容説明

二度の追放を経て、八百年ぶりに神官に復帰した謝憐は、下界で三郎という少年に出会い、ほんの数日の間に親しくなる。謝憐のことを「兄さん」と呼び、常に悠然と笑っている三郎。しかしその正体は、天界の神々ですら恐れるほどの絶大な力を持つ鬼王、花城だった―!再会を約束するかのように、指輪を一つ残して姿を消した花城。一方、天界に戻った謝憐だったが、失踪した神官の捜索という任務を受けて鬼市に潜入することになる。そこはまさに花城の縄張りで、彼の住処に招かれた謝憐は、少年ではない真の姿で現れた彼に「会えて嬉しい」と歓迎されて!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優輝

23
やっとこさ読了しました 前半?というか1章の残りは驚きの事実が多くてイチャイチャもしてた?しサクサク読めたんですが 2章の過去編はこれから転げ落ちることが前巻とかの流れで分かってるので 鬱々とした気持ちでなかなか進まなかった 何をやっても好転しないもどかしさと苛立ちが伝わってくる 1番笑ったのは賽転がして女湯に出る風信のシーンですかね(笑) 早く現代の話に戻って欲しい(´・ω・`) 次はいつ出るかなー花城の誕生日とか?2023/02/27

さこぽん

19
BL要素はほとんどない(これから?)けど、神と妖魔鬼怪との話だけでも充分面白い。甘い言葉や肌の触れ合いもないが、花城の態度や行動で謝憐への深い愛が感じられる。謝憐を想うようになった出来事が書かれているから重要。赤い傘、珊瑚の髪飾り、指に結んだ糸、謝憐はこれ見ても気が付かないの?!知らないフリしている?落下した少年への印象が、反応がないから「つまらない」「ぼんやりした子」だったのには笑った。謝憐は穏やかなのに終盤キレてたのにも笑った。2024/05/24

しじま

19
付き合ってもいないのに、ラブラブ町歩きデートしとる、謝憐と花城。ごく自然に手をつないで歩いたり、共通の趣味で話が弾んだり、花城が謝憐にプレゼントをあげたり。え、意外と幸せな世界? 鬼界なのに? 今回は謝憐の意外な一面に驚かされた。意外っていうか、彼も男子だし武神だなぁーと。みんな大好き18禁シーンはないけど、少年の心の表面張力が試されるシーンあり。やめてちょうだい、そのコ未成年よ!/などと書くと一冊丸々ご褒美回なのかなって感じだけど、ストーリーの大半は凄まじい地獄っぷりです☆ 心して読むべし。2023/07/29

み~くま

14
ダークな展開の予感があったので、読むのを躊躇していたのですが、アニメの新シーズンがスタートしてしまったので、思い切って読みました。そして・・・予想を超える暗黒面に触れてかなり凹んでます。いつも穏やかに微笑んでいる太子殿下に、こんな辛い過去があったなんて・・・。とても居たたまれない気持ちで一杯なので、早く次巻が届いて欲しいです。2024/02/08

本とフルート

13
こんなに続きが待ち遠しい物語を読むのはいったいいつぶりだろう。ずっと発売を生き甲斐にしていたので読み終わってしまったのに喪失感を覚えるくらいだ。しかし、これは辛い。ただ理想をがむしゃらに追求していく太子殿下の姿がとにかく痛々しくて、続きが読めないのは半殺しにされた気分だ。2023/02/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20532473
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。