アリアンローズ<br> 騎士団の金庫番―元経理OLの私、騎士団のお財布を握ることになりました〈1〉

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり

アリアンローズ
騎士団の金庫番―元経理OLの私、騎士団のお財布を握ることになりました〈1〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月18日 17時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 282p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866573649
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

異世界に転移した経理OL・カエデは、通りがかりの騎士団に拾われる。カエデは会計知識を使い、騎士団の抱える問題を解決していく!

内容説明

異世界に転移した経理OL・カエデは転移直後に怪物に襲われ、いきなり大ピンチ!しかし、たまたま通りかかった爽やかな美形騎士フランツがカエデを救う。なりゆきでフランツの所属する西方騎士団に同行することになったカエデは次第に彼らと打ち解けていく。同時に騎士団の抱える金銭問題にも直面する。経理部一筋で働いてきたカエデは持ち前の知識で騎士団のズボラなお財布事情を改善し始めるのであった―。しっかり者の経理女子とイケメン騎士たちが繰り広げる、ほんわか異世界スローライフ・ファンタジーここに開幕!

著者等紹介

飛野猶[トビノユウ]
2018年『あなたのドラゴン、差押えます―アラサー公務員の異世界徴税』にて出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

TAMA

12
ふと寝てしまったらって、それ会社で…。まー細かく言えば着替え一着?とか、自分のお金全くなし?、風呂、石鹸、深く考えてはいけない設定。しかし、経理の仕事を「森若さん」で初めてそうなんだだった私。帳簿で今自分の持ってる分の把握、買い足すもの、物価の確認、現金決済から約束手形の基本の形も。もしもその仕事がなかったら、そこにそのスキルを持った人が入ったらこうなる。そこがとても分かりやすかった。「会社は営業で回ってるんだ」そんなことはないなって納得した。2020/10/16

あおやまみなみ

10
異世界に転移したOLのカエデは、助けられた騎士団に同行することに。 団員と親睦を深めていくも、かなりヤバめのピンチに襲われて──。 元経理ならではのアイデアで騎士団を救うカエデがカッコ良かった。 キャラクターがみんな魅力的ですが、私の推しはテオくんです。 2巻も楽しみ!2020/08/21

菊地

7
知識チートってその知識自体のレベルが相対的に高いか、現地の知識レベルが相対的に低いってことで成立すると思うんだけど、前者は作者の知識レベルが高いことが要求されて後者はやり過ぎると現地人が馬鹿に見えてしまう。 その点で行くと、お小遣い帳を付けるだけでどうにかなってしまうレベルでお金にルーズないい大人ってちょっと情けなく思ってしまうところがありますね。2020/10/19

kinta

6
とりあえず経理・・・まではいかないかな。お小遣い帳付けましょう…から始まっている感じでしょうか。町の中にいないと基本的にお金使わない(笑)。ゆえに異世界に飛ばされたスローライフを楽しみましょう、な感覚がいい距離感で、騎士団遠征中なので、どうしても緊張感との抱き合わせで暖かい感じ。フランツがモフ担当か??2020/11/23

トリニト

2
ちょっと、異世界を侮り過ぎ?2020/09/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16115184

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。