ダリア文庫<br> 愛淫堕ち―若頭に仕込まれて

個数:
電子版価格
¥722
  • 電書あり

ダリア文庫
愛淫堕ち―若頭に仕込まれて

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月28日 23時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 312p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784866572345
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

大学生の聡は先輩の借金を背負わされ、売春での返済をヤクザに強要される。必死に抵抗するも、盛られた媚薬で感度の高まった聡の仕込みは、社長兼若頭である健一の手によって開始された。媚薬と健一の巧みな手管によって与えられる激しい快楽に翻弄され、ついには聡自ら求めるほどに堕ちてしまう。朦朧とする意識の中、健一の煙草の臭いで聡は神社の境内で出会った初恋の彼を思い出し―…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アッちゃん

20
作家さん買い。ヤクザものなのに読ませますよね。凄く良かった。子供の頃から幸薄くネグレクトで酒乱の母親から助けてくれた"ミチ兄"を心の支えに暮らす聡。先輩にヤクザに売られて、陵辱されたベットの上でのまさかの再会、お互いがあの瞬間を支えに生きてきていた。聡をヤクザの世界に入れたくない健一は大事に大切にしようと必死。すごく愛されているのに不安が消えず健気に身も心も健一にと思っている聡。恋に翻弄される健一とやる時はやる男な聡の生きていくための甘い恋♡舎弟の高橋がいなければこの二人どーなっていたやらとは思う(笑)2019/05/01

さくらまる

7
★2.8 好きの反対は嫌いではなく無関心…そんな家庭育ちの受が、幼い一時知り合い面倒くさがられた相手・ミチ兄と借金取り×連帯保証人の関係で再会し…という話。邪険に扱われることさえ存在認識されたと喜ぶ幼少時の受が悲しい。諦め流すことで人生やり過ごしてきた受が人生唯一のよすがに再会した時彼の中の感情が爆発、ダークサイドに堕ちていた攻さえ思わず尻込みさせる凄まじさで執着し、ついには落としてしまいます。メンタル的にはヤクザの攻の思考回路の方が理解できるかも。不幸育ちの二人が唯一無二の相手に巡り合えて良かったよね。2022/11/26

風鈴

7
あらすじも話の流れも普通じゃないのに、お互いにピュアってどういうことやねん!!とツッコミたくなるけど、最後まで一気に読んでしまいました…。健一さん、ちゃんと聡の手を離さないでいてね。2019/09/26

青音

5
★★★☆☆【シーモア】何かよく分かんない話だった。受けは最初自分はゲイじゃないって言ってなかった?なのに初恋は攻めって男じゃん。攻めも小児性愛者じゃないと言いながら子供の受けに欲情してたし、大人になって再会してからすぐ愛人関係になってるので昔から好きだったんだよね?そのままイチャイチャしてるだけなら分かりやすかったんだけど、受けが山本をバットで殴った辺りから話が分かりづらくなった。2020/05/05

まごすけ

4
フェア用に購入。読み始めたはいいけどどうも受けの性格が合わず、半分いくかいかないかで挫折、二ヶ月ほど間を置いて読了。文章も内容も特に嫌いじゃないけど、読み続けるのが厳しいほど受けが苦手なタイプだった。でも面白く感じる部分はあるし、完走してみると読後感は悪くない。この作者さんの別の作品でもやっぱり受けが合わなくて二回くらい途中挫折してるから、作者さんとは受けに対する萌えが絶望的に合わないのかもしれないなぁと思った。2019/12/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13578896
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。