アリアンローズ<br> 聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます〈2〉王太子は、前世で私を振った恋人でした

個数:
電子版価格
¥660
  • 電書あり

アリアンローズ
聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます〈2〉王太子は、前世で私を振った恋人でした

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月19日 07時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 295p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866572086
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

前世で貴族に騙され不幸な死を遂げたリズは、今度こそ好きに生きるため、聖女になると決意する。
リズは次期聖女候補として、身分や思い込みにとらわれず選定試験を“自己流”でクリアしていく。
その勢いはすさまじく、次期聖女は決まったものと思われたが、予期せぬライバルが登場し事態は大きく動き出す!
同じく転生していた前世の恋人、キーファと共に次の課題に挑むリズの前に、更に前世の自分そっくりの女性が現れて!?

「私にはわかる、あなたの本当の正体が――」

再び襲い掛かる前世の因縁もふっとばす、爽快ファンタジー第二弾、開幕!

新山 サホ[ニイヤマサホ]
著・文・その他

羽公[ハコ]
イラスト

内容説明

前世で貴族に騙され不幸な死を遂げたリズは、今度こそ好きに生きるため、聖女になると決意する。リズは次期聖女候補として、身分や思い込みにとらわれず選定試験を“自己流”でクリアしていく。その勢いはすさまじく、次期聖女は決まったものと思われたが、予期せぬライバルが登場し事態は大きく動き出す!同じく転生していた前世の恋人、キーファと共に次の課題に挑むリズの前に、更に前世の自分そっくりの女性が現れて!?「私にはわかる、あなたの本当の正体が―」再び襲い掛かる前世の因縁もふっとばす、爽快ファンタジー第二弾、開幕!

著者等紹介

新山サホ[ニイヤマサホ]
『聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます』で出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

陸抗

21
黒幕のアイグナー公爵が、前世の記憶を生かしてキーファにかつての恋人と、同じ姿の女性を連れてきた。リズとキーファがしっかりと打ち合わせしてたので、罠にかかるどころか反撃開始の所で終わってしまった。意外な物が伏線になっていて、それは気がつかなかったなぁ。2021/06/03

kinta

4
読んでいて思うのが、前世では結ばれなかった無念のカップルでも現世の性格はぶれないものなんでしょうか?別人格の部分も多分にあることを考えると王子の想いは執着?と聞いてみたくなる。とりあえずシロちゃん大食はヤメマショウ。2019/12/02

つき

2
再読。2019/11/12

ほんのうさぎ

1
WEB版。前世の二人を邪魔した貴族の執事が現世で宰相になってるのか…めっちゃ邪魔してきそう。聖女の種がそれぞれの花をつけるのは面白かった。やっぱりリズは規格外だな。シロちゃんのあざといところが可愛い。前世でユージンがセシルをずっと愛していてよかった。2020/04/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13345462
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。