ダリア文庫<br> 春淫狩り―パブリックスクールの獣

個数:
電子版価格
¥693
  • 電書あり

ダリア文庫
春淫狩り―パブリックスクールの獣

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月31日 01時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784866571119
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報



高月 紅葉[コウヅキモミジ]
著・文・その他

笠井 あゆみ[カサイアユミ]
イラスト

内容説明

伝統あるパブリックスクールの副生徒代表・ローレンスは、凛々しい優美さで人気を集めている。ある日、欲望をこじらせた同級生の罠にはまり、処女オークションにかけられることに…。しかし、落札したのは幼なじみで生徒代表のロチェスター。彼はローレンスの想い人だった。長年、確執があった彼の真意がわからず、戸惑いながらも「抱かれたい」と思う自分を恥じるローレンス。けれど、ロチェスターに、何度も激しく抱かれる程、想いはつのり―。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

そらねこ

41
凄くキュン♡しました。表紙があまりにエロエロしいのでそっち重視かと思ったけど、純愛でした♡パブリックスクールもので英国貴族のノブレス・オブリージュ高貴さは(義務を)強制するという基本がきちんと貫かれていて、凄く良かった。まぁ、伝統や血を持つから高い意識で行動出来るかどうかは置いといて、その思想は素敵ですよね。ゲスイ野郎のせいで主人公の受け様が酷い目に遭ってドキドキしましたが、まぁ、セーフと言えばセーフなのかな(笑)BL的に。華麗な貴族なので攻めの「俺のフローラ」なんて恥ずかしい言葉も素直に心に響きました♡2018/05/16

辺辺

19
積本崩し。とにかく買いづらい表紙、苦笑。パブリックスクールには殆ど興味がない(良家の坊っちゃんたちがお勉強よりも裏でエロオークションしたりとか、なにをやってるんだよってツッコミたくなるのを抑えて、笑)ので、ほぼ斜め読み、爆。「俺のスイート・バイオレット」という臭いセリフだけでのけ反ってしまった。ゲロ甘過ぎて、逆に受けつけなくなることってあるんだな。あと、どうでも良いけど、個人的にラグビーよりもアメフトのほうがより好きなスポーツなんだなと自己再確認。久しぶりに「モーリス」でも観ようかな?←関係ない?笑。2018/03/30

miicha

11
すごい表紙ですが中身はわりとソフトで読みやすかったです。パブリックスクールでの両片思い、春の王と冬の王っていう設定も仰々しくて麗しい。笠井先生の絵もぴったり。でも表紙はもうちょいおとなしめなほうが有難かったかも。美しいけど買いにくいのが難点でした。2019/02/25

たろさ

10
作家買い。パブリックスクールもの。面白かった。ローレンスがその美しさと有能さとは裏腹に純で不器用で。自分の気持ちに素直になれずにクリフに意地になって張り合ってしまうのが、可愛かった。想いを通じあうまでが、本当にジレジレで、良かったです。クリフがめちゃくちゃいい男で、ダニエルも地味ながら、デキる友人。ビリーが最後まで足掻いているのに、ローレンスへの執着とアッパークラスへの妄執を感じる。表紙とタイトルは、できればもう少しおとなしめの方が、受け入れられやすいかも。笠井先生の挿絵は美しいです。2019/05/04

ハナヲ

6
電子。2019/05/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12656566
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。