アリアンローズ<br> かつて聖女と呼ばれた魔女は、

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

アリアンローズ
かつて聖女と呼ばれた魔女は、

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 311p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866571096
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報



紫水 ゆきこ[シミズユキコ]
著・文・その他

縹 ヨツバ[ハナダヨツバ]
イラスト

内容説明

400年前、帝国軍の侵略から滅びかけた国を護り『救国の聖女』と呼ばれたアストレイア。しかし、彼女はその力の代償で不老不死の魔女になったため人前から姿を消した。そうして森の中で人と関わらない生活を送り続けていたアストレイアだが、ある日瀕死の重傷を負った青年を助ける。治療後はさっさと追い払い、二度と来るなと伝えたはずが、青年は美味しいご飯と共に何度もやってきて―?かつて聖女と呼ばれ行方をくらませた不器用な魔女と、誠実な騎士の物語。WEBの人気作が2人の後日譚も加えて待望の書籍化!!

著者等紹介

紫水ゆきこ[シミズユキコ]
2016年、『ドロップ!!~香りの令嬢物語~』で商業デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

anko

10
かつて国を救う為に神から力を貰った聖女は不老不死となり400年間深い森に引きこもって暮らしていた。ある日崖から転落して瀕死に陥った騎士を助け、お礼と言って訪ねてくる彼と仲良くなって行くってお話し。彼女は400年生きてても人にもまれていないためか幼い部分もあり不器用に人を拒んで生きてきた感じだけど優しく誠実な青年騎士の人柄に絆されたんでしょうね。あっさりし過ぎとの指摘もありますが、良くまとまっていてキメイラとかとの戦いの場面はドキドキ感もあり私は中々楽しく読めました。2020/05/17

TcodeF

6
400年ヒキコモリしてた元・ただの村娘がイケメン騎士(速水もこみち風)に本気落とされに来ればちょろくもなるだろうなぁ・・・無事に不死の呪いも解けたようですので、お幸せに2019/08/20

あき☆ブラック・ベア

5
魔女の世間知らず振りとお人好しな性格がいい。あとだいぶ精神年齢は子供っぽい。ヒーローは凄くいい人。そんなにグイグイ行くタイプでもないし、駆け引き仕掛けるタイプでもない。そんな2人なので読んでいてホッとする。死ねなくなった魔女と人のいい副隊長さんの話。2024/03/31

pincle

5
ヒロインがチョロすぎて。2018/10/14

ひーたろー

4
肩書きが大きいので陰謀とかに巻き込まれるのかと思ったらそんなこともなく。引きこもりヒロインがヒーローに餌付けされる話。2020/07/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12658936
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。