苫米地英人vs成瀬雅春の瞑想と認知科学の教室

個数:
  • ポイントキャンペーン

苫米地英人vs成瀬雅春の瞑想と認知科学の教室

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 187p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866251103
  • NDC分類 498.39
  • Cコード C0036

出版社内容情報

瞑想とはなにか?
悟りとはなにか?
その答えのすべてがここにある!

苫米地英人[トマベチヒデト]
著・文・その他

成瀬雅春[ナルセマサハル]
著・文・その他

内容説明

驚愕の真実が次々に語られる、知的ヨーガ・エンターテインメント対談!!!瞑想とはなにか?悟りとはなにか?その答えのすべてがここにある!

目次

第1章 苫米地英人vs成瀬雅春対談 対談・ヨーガとはなにか?(瞑想とはなにか?;瞑想ブームの問題点 ほか)
第2章 成瀬雅春インタビュー 自分を見る方法(瞑想の前には集中;瞑想状態とはなにか? ほか)
第3章 苫米地英人vs成瀬雅春対談 対談・ヨーガの奥義(ヨーガの王者;離れた人同士で意識をつなぐ ほか)
第4章 成瀬雅春インタビュー ヨーガと超能力(クンダリニー・ヨーガ;悟りと解脱の違い ほか)

著者等紹介

苫米地英人[トマベチヒデト]
1959年、東京生まれ。認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。計算機科学者(計算機科学、離散数理、人工知能)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同CyLab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問、中国南開大学客座教授、苫米地国際食糧支援機構代表理事、米国公益法人The Better World Foundation日本代表、米国教育機関TPIジャパン日本代表、天台宗ハワイ別院国際部長、公益社団法人自由報道協会会長。マサチューセッツ大学を経て上智大学外国語学部英語学科卒業後、三菱地所へ入社。2年間の勤務を経て、フルブライト留学生としてイエール大学大学院に留学、人工知能の父と呼ばれるロジャー・シャンクに学ぶ。同認知科学研究所、同人工知能研究所を経て、コンピュータ科学の分野で世界最高峰と呼ばれるカーネギーメロン大学大学院哲学科計算言語学研究科に転入。全米で4人目、日本人としては初の計算言語学の博士号を取得。帰国後、徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長、同ピッツバーグ研究所取締役、ジャストシステム基礎研究所・ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院NMRセンター合同プロジェクト日本側代表研究者として、日本初の脳機能研究プロジェクトを立ち上げる。通商産業省情報処理振興審議会専門委員なども歴任。現在は自己啓発の世界的権威、故ルー・タイス氏の顧問メンバーとして、米国認知科学の研究成果を盛り込んだ能力開発プログラム「PX2」「TPIE」などを日本向けにアレンジ。日本における総責任者として普及に努めている

成瀬雅春[ナルセマサハル]
ヨーガ行者、ヨーガ指導者。1976年からヨーガ指導を始め、地上1メートルを超える空中浮揚や心臓の鼓動を止める呼吸法、ルンゴムなどを独学で習得。2001年全インド密教協会からヨーギーラージの称号を授与される。2011年6月、12年に及ぶヒマラヤ修行を終える。成瀬ヨーガグループ主宰。倍音声明協会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

yutaro13

16
認知科学者・苫米地氏とヨーガ行者・成瀬氏の対談本。タイトルに釣られて読んでみたけどちょっと期待はずれ。苫米地さんの話し方が高慢で鼻につく。とても頭の良い人なんだろうけど読んでて胡散臭さしか感じない。まあ昨今流行のマインドフルネスへの批判は納得できた。ヨーガについてはほとんど無知だったので成瀬氏の単著なら読んでみたいと思った。2019/09/10

YVI

4
マインドフルネスの本を読みかけたが違和感を覚えて先に進めなかった。これを読んで良かった。マインドフルネスはヴィパッサナー瞑想のことだが、心を止めるサマターとセットになって意味を成すもので、日本では止観という形で平安時代には既にあったから、日本でマインドフルネスが流行るのはナンセンスとのこと。ヨーガでは心と身体は同じもの。西洋的な二元論ではない。ヨーガは自分を見つける作業。この世=幻=情報空間=私が見たいもので構成されている世界→好奇心が変われば世界が変わる。瞑想=自分を知る作業=意識の正確なコントロール。2020/12/12

happy kirin

2
脳科学とヨーガの達人の対話に凡人がインタビューという形でわかりやすい。瞑想とは?悟りとは?解脱とは?に答えを出してくれています。2021/04/13

naopacino

2
成瀬雅春さんの本を初めて読みました。 ・ヨーガとは自分を知ること ・マインドフルネスはウォール街で流行っただけ2019/11/28

ばにき

2
科学とスピリチュアルの境目をあえてぼかしてる気がする。むしろその境目が知りたい。 2019/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13364319

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。