なぜ鏡は左右だけ反転させるのか―空間と時間から考える哲学

個数:

なぜ鏡は左右だけ反転させるのか―空間と時間から考える哲学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 46判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866241005
  • NDC分類 112
  • Cコード C0010

内容説明

鏡像反転、タイムトラベル映画に潜む哲学的な問いかけ。数学や物理学、回転座標や宿命論、デカルト、カント、ガードナー、ブロック、ダメット、テイラー…などあらゆる手段を駆使して論理的な答えを追求する。“当たり前”を見つめ直し、世界が包有するさまざまな可能性を見出す試み!時間と空間の身近な謎に分析哲学のアプローチから迫る!

目次

第1章 なぜ鏡は左右だけ反転させるのか(鏡像反転の謎;鏡は上下も左右も反転させない;ノボル君の悩み;鏡は上下も左右も反転させる;ふたたびノボル君の悩み ほか)
第2章 なぜ私たちは過去へ行けないのか(『ターミネーター2』;限りなくおいしいワイン;『ターミネーター2』の謎;過去は引き起こせる…ロンドンの宿命論と踊る酋長;未来は決定している…オズモの物語 ほか)

著者等紹介

加地大介[カチダイスケ]
1960年、愛知県に生まれる。1983年、東京大学教養学部(科学史科学哲学分科)卒業。1989年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程(哲学専攻)単位取得退学。博士(文学)。2007‐8年、ニューヨーク大学・ダラム大学(いずれも哲学科)客員研究員。現在、埼玉大学学術院(大学院人文社会科学研究科・教養学部担当)教授。専門は形而上学および論理哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。