解離と嗜癖―孤独な発達障害者の日本紀行

個数:

解離と嗜癖―孤独な発達障害者の日本紀行

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月25日 09時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866240879
  • NDC分類 291.09
  • Cコード C0095

内容説明

コロナ禍による緊急事態宣言下の京都、オタク少年が形成された大阪、約束の地・神戸。訪れた先で、心はさまざまなものにさらわれ、さまよって動く。ADHDとASDを併発した文学研究者が訪れた先で心さらわれ、過去を思い起こし、日本各地を「旅」する現実と幻想が交錯する旅行記―。

目次

第1部 京都・解離・コロナ禍(この旅について;京都(一日目)
京都(二日目)
京都(三日目)
京都(四日目)
旅をおえて)
第2部 全国・嗜癖・人生を振りかえって(書く前に;大阪(1)―オタク少年形成史
大阪(2)―辺境としての西成
神戸(1)―約束の地
神戸(2)―沢渡さん
鳴戸
東京(A)
坂井、金沢、勝山、仙台、石巻
東京(B)箱根、真鶴、堺、尾道、宇部、下関、水俣)

著者等紹介

横道誠[ヨコミチマコト]
京都府立大学文学部准教授。1979年生まれ。大阪市出身。京都大学大学院人間・環境学研究科研究指導認定退学。文学博士(京都大学)。専門は、文学・当事者研究。最近は、余暇の多くを「発達仲間」との交流や自助グループの運営に充てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おいしゃん

23
【2024-17】大学教員である著者が、旅や日常の動きを通して、自らの発達障害やその他障害に伴う行動を、第三者的に分析するという斬新なエッセイ。誰しも、特異な癖やせずにいられないルーティーンというのはあるもので、障害か否かの境界というのは難しいと感じた。2024/01/31

17
『イスタンブールで青に溺れる』『ある大学教員の日常と非日常』に続く「当事者紀行三部作」の完結編。今回は国内の旅行記で、横道さんの解離ぶりと嗜癖ぶりが思う存分味わえる一冊。さまざまことに思いを巡らせて旅をする横道さんの内面を知ることができ、読んでいて飽きなかった。2024/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21483945
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。