小川仁志の“哲学思考”実験室

個数:
  • ポイントキャンペーン

小川仁志の“哲学思考”実験室

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月28日 09時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866240114
  • NDC分類 107
  • Cコード C0010

内容説明

「僕と死体は同一人物なのだろうか」「どこにもない場所」「自分の後ろ姿が映っている鏡」…不思議な言葉や絵を見つけたら、考える練習をはじめよう!

目次

自分の後ろ姿が映っている鏡―自分
僕と死体は同一人物なのだろうか?―生死
騙し絵―二面性
僕を見る僕の目はどこにあるのか?―認識
何が起こったかすぐわかる物―製品
黒より黒い黒―色
模様を一か所に集めた動物―模様
「人はただ記憶によって個人たりうる」―個人
太極図―陰陽
命とは時間である―時間〔ほか〕

著者等紹介

小川仁志[オガワヒトシ]
哲学者。山口大学国際総合科学部准教授。1970年、京都府生まれ。京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。徳山工業高等専門学校准教授、米プリンストン大学客員研究員などを歴任。商社マン、フリーター、公務員を経た異色の哲学者。商店街で「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践している。専門は欧米の政治哲学及び公共哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。