ときどき女装するシングルパパが娘ふたりを育てながら考える家族、愛、性のことなど

個数:

ときどき女装するシングルパパが娘ふたりを育てながら考える家族、愛、性のことなど

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月15日 01時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 200p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866213118
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

離婚、「母子」手帳、ママ友、性教育、児童虐待…女装小説家が、育児の現場で戸惑いや違和感と格闘しながらも自分らしく生きるために探し続ける、三人の「家族のかたち」。cakes連載の人気子育てエッセイが待望の書籍化!

目次

第1章 娘ふたりとの生活
第2章 シングルファーザーということ
第3章 育児と男親
第4章 シングルファーザーとママ友
第5章 なぜ女装をするのか
第6章 家族ってなに?これからの家族のかたち

著者等紹介

仙田学[センダマナブ]
1975年京都生まれの小説家。2002年に小説「中国の拷問」で第19回早稲田文学新人賞を受賞。文芸誌を中心に小説、エッセイ、書評などを執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆかるりら

2
作家で幼い娘2人のシングルファーザーな著者は女装も趣味で・・・。タイトルから女装の事がたくさん書かれているのかなと思ったが、子育てに関する事が多数。最近ネットニュースで「母子手帳」という名称はおかしい、父親が排除されてるというのを見て「なんでもかんでも昔からある名称にケチつけんな!」って思ったクチだが、女性の妊娠と出産、赤ちゃんの事だけじゃなく、その後の予防接種などでも母子手帳が必要だと知り、基本的に接種の履歴などは母子手帳でしか管理されておらず苦労する著者の様子を読んで驚きました。あと著者の女装姿キレイ2021/08/10

尾原道場

0
女装用の化粧の仕方とか、脱毛の話になるほどー2022/04/05

研修屋:城築学(きづきまなぶ)

0
2人の娘を育てるシングルファザーのエッセイです。そして著者は女装が趣味です。W図書館から。2021/02/04

つぶら屋

0
前半は難しい人なんだな、と思っていたけど、作者の育った環境があって納得。子供達を愛することが本当に染み込んでくる。途中「結愛へ」が出て来てそちらもサンプルで読んで結果2冊とも号泣した。2021/01/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16976464

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。