一瞬で笑わせる技術―相手ともっと打ち解けるためのコミュニケーション

個数:

一瞬で笑わせる技術―相手ともっと打ち解けるためのコミュニケーション

  • ウェブストアに21冊在庫がございます。(2020年06月06日 18時02分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ 46判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866212784
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0030

内容説明

パワハラ上司だらけの職場に、アイデアの出ない周年企画、営業トークも空回りで、ブラック企業一直線。谷山講師のダジャレ術で社員が変わり、会社が再生する笑いのストーリー。

目次

第1章 ダジャレを自己紹介で使う
第2章 ダジャレの効果
第3章 ダジャレの目的
第4章 ダジャレの作り方・使い方
第5章 ダジャレを会議で使う
第6章 ダジャレを職場で使う
第7章 ダジャレを営業で使う

著者等紹介

川堀泰史[カワホリヤスシ]
ダジャレクリエイター。ビジネスユーモア研究家。1950年生まれ。1974年早稲田大学商学部卒業。同年4月日本経済新聞社入社。配属は広告局の営業支援部署で記事広告を制作。1983年、入社10年目で営業部署に異動。「遅れた10年」を補い、クライアントに食い込み、業績をあげるため、ダジャレによる「笑いの取れる営業マン」を目指す。全社横断的部署の社長室に2年、電波本部に副本部長として2年勤務。この間もダジャレによる積極的なコミュニケーションで社内外の人脈を広げる。2004年に東京本社広告局総務、2005年に東京本社広告局長に就任。局長時代も笑いによる職場活性化に貢献する。2010年に日経グループの広告会社の日本経済社社長に就任。ダジャレによる笑いのコミュニケーションで多くのクライアント、社員に親しまれる。2014年3月に日本経済社社長を退任。2016年3月に日本経済新聞社顧問を退任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。