おとなの「ひとり休日」行動計画―首都圏日帰り版

個数:

おとなの「ひとり休日」行動計画―首都圏日帰り版

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年02月28日 15時10分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866211756
  • NDC分類 291.36
  • Cコード C0095

出版社内容情報

休日にやることがない、行く場所がないというシニア男性のために一人でも楽しめる20の行動プランをご紹介!

内容説明

休日の有効利用、余暇活動分野の拡大、気分転換と精神の安定、生活満足度の向上、家庭円満、家内安全…ひとり外出のコンセプトをいろいろ紹介。

目次

ぶらり途中下車&乗りつぶし日帰りローカル線の旅―都会の隙間に残る東京の旅情を実感し、心にゆとりを与える
路線バスで思いっきり遠くに行ってみる―東京の「究極の周縁」を回り、見聞の裾野を広げる
東京の終着駅でわざわざ降りてみる―途切れた路線に人生を重ね合わせ、さいはてのロマンに浸る
歴史を偲び、まぼろしの廃線跡を歩く―鉄路の残影に目を凝らし、歴史に介在した思惑を読み取る
東京23区内で山登りを体験する―東京の原風景を全身で感じ、小さな達成感も得る
人工で造られた、東京の水辺・運河を回る―江戸の水路の歴史を知り「水都・東京」を堪能する
大名庭園に過ぎ去りし人々の面影を追う―美しさを愛でつつ、大名の苦労を想像する
大実業家・財閥の栄華を偲ぶ―時代を切り拓いた財界人の偉業を、目で見て感受する
文化人、巨匠の邸宅を訪ねる―作家の残像を感じ取り、作品に重ね合わせる
文豪を気取って、小エロ文学散歩―おとなの粋と色気を忘れない
大江戸の事件現場を見に行く―歴史的事件の現場を知ることで、江戸時代を読み解く
ミステリーの舞台に立って、真相に迫る―事件の「闇」に思いをはせ、昭和の「謎」を探る
昭和の大戦争の記憶をたどる―東京の戦争被害を正しく知り、次世代に伝える
怪奇心霊スポットに迷い込む―興味本位ではなく、恐怖の背景にある史実を正しく知る
70年代フォークソングの名所をさまよう―歌詞の場面に記憶を重ね、若々しい気持ちを呼び戻す
老舗のカフェでコーヒーに癒される―場の雰囲気も含めて、本当の美味さを体感する
土地勘のない小さな駅前の居酒屋で飲む―見知らぬ街で、自分だけのくつろぎの場を見つけてみる
外国っぽい街で海外旅行気分を味わう―異文化交流を五感で楽しんでみる
“上級者向き荒技編”ご当地グルメで昼飯に舌つづみを打つ―その土地で育まれた歴史とともに、郷土の味を食す
“上級者向き荒技編”0泊1日の弾丸で行く島への旅―日帰りで「非日常」を思う存分満喫する

著者等紹介

カベルナリア吉田[カベルナリアヨシダ]
1965年北海道生まれ。早稲田大学卒業後、読売新聞社、女性雑誌『SAY』編集、情報雑誌『オズマガジン』増刊編集長などを経て、2002年よりフリー。沖縄と島を中心に、車を使わず自分の足で歩く「実踏の旅」にこだわり、全国を周って紀行文を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

momogaga

47
ブックカフェ。行動計画内に「東京23区内で山登り」では、箱根山と愛宕山が紹介。これは既に完了。すぐにでもやりたいのは「ぶらり途中下車 都営荒川線」30停留所もあるそうで、1日では無理ですね。数日かけてやります。2020/09/20

おいしゃん

29
沖縄本の吉田さんとは一転、真面目モードなタッチ。モデルテーマ&コースが詳細に20用意されているので、連休ヒマを持て余しているのに全く行先が思いつかない人にはちょうど良いだろう。趣味というのは、こういうひょんなお出かけが、キッカケにもなりそうだし。2019/09/13

Daisuk

2
普段は通り過ぎてしまう場所も歴史を知ると途中下車してみたくなる。たぶんその場に行っても一瞬で終わるから、一人でのんびり歴史を感じるのがあっている。まさに著者の狙い通り。 各章のサブ的な場所紹介も面白い。2022/07/10

R.

2
散歩してみようと思いました。東京は広くて多種多様な歴史がありますね。2022/01/12

kamedon

1
歴史を感じながらウォーキング出来るなんて一石二鳥。行ってみたいのは、”箱根山”"六義園""旧古河庭園"。 "小名木川"“十思公園"は、つい最近行ったばかり。 ”お伝・お七””言問橋””池袋”は、身近にこんな歴史があったのかと勉強になった。2023/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13199774
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。