すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。

個数:
  • ポイントキャンペーン

すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。

  • 御坊【著】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • WAVE出版(2018/02発売)
  • ウェブストア春のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 75pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年03月23日 20時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866211251
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0036

内容説明

ときめきも、快感も、癒やしも人生の充足も。女性なら一度は味わいたいレズ風俗の魅力。さびしすぎなくても大歓迎!女性が女性にサービスする異色風俗店の10年。

目次

第1章 女性たちがレズ風俗に求めるもの
第2章 レズ風俗が大阪で産声を上げた日
第3章 女性が集まるところに、事件アリ
第4章 男がレズ風俗やるってヘンですか?
第5章 すべての女性にはレズ風俗が必要!
第6章 これからのレズ風俗の話をしよう

著者等紹介

御坊[オボウ]
1981年大阪生まれ、大阪育ち。大学卒業後、WEB制作会社に就職するも、24歳で独立。当時取引先に多かった性風俗産業に魅力を感じ、2007年に共同経営者2名とともにレズ風俗「レズっ娘クラブ」を起ち上げる。2009年以降は単独で経営。2010年にはレズ鑑賞サービスを提供する姉妹店「ティアラ」をオープンさせる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

大阪に事務所を構えるレズビアン風俗店「レズっ娘クラブ」。LGBTなんてよく知らない、男性経営者が起ち上げたそのお店で、働く女性も利用する女性も多くの人が人生を変える「何か」を見つけています。