時局発言!―読書の現場から

個数:

時局発言!―読書の現場から

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 02時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866210445
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0095

内容説明

脱原発から国会前のデモまで。社会学者・上野千鶴子が読みながら、走りながら、考えた。書評を通して時代が見える。

目次

第1章 社会を変える
第2章 戦争を記憶する
第3章 3・11以後
第4章 格差社会のなかのジェンダー
第5章 結婚・性・家族はどこへ?
第6章 障・老・病・異の探求
第7章 ことばと文化のゆくえ

著者等紹介

上野千鶴子[ウエノチズコ]
専門は女性学、ジェンダー研究。京都大学大学院卒業、社会学博士。現在、東京大学名誉教授、立命館大学大学院先端総合学術研究科特別招聘教授。認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク理事長。『近代家族の成立と終焉』でサントリー学芸賞受賞。平成23年度朝日賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒデミン@もも

47
上野千鶴子さん、好きだったんだけどなぁ。彼女が変わったのか? 私が変わったのか? 時代が変わったのか? 2017/06/11

ネギっ子gen

33
上野千鶴子が、読みながら、走りながら、考えた――。時代の「いま」と伴走する書評集。昨年、訃報記事が載った故・色川先生の対談集『色川大吉対談集 あの人ともういちど』が大尾を飾っています。その本の書評で最後の文章。<「このような政治を許してきているということは、我々の次の世代に対する重大な責任だと思いますね。もし、この後も生きられるとしたら」と色川さんは言う。ミナマタの後にフクシマを許した私たちは、次の世代にどんな責任をとればいいのだろうか>と。この言葉を噛みしめながら、ずらりと並んだリスト本を眺める――。⇒2022/01/03

緋莢

16
安保関連法案に反対するデモで唱えられた「民主主義」について、3・11東日本大震災をマスメディアはどう伝えたのか?子どもが貧困になる社会構造・・・日本社会の様々な問題について社会学者である著者が毎月、テーマを決め、3冊の本を取り上げ、書評を通して時代を考える。2017/09/04

とよぽん

12
新聞等に載せた書評を単行本化したものだ。日本の「今」と「これから」を考えるために参考すべき必読書が満載で、圧倒される。単発的に紹介し評価するのではなく、毎回、複数の書籍を取り上げ、それらを有機的に関連させて「時局」を論じている筆力は、さすが上野先生! と思った。本書を何度も読み返して、取り上げられているいろいろな本を読んでみたい。2017/06/10

8
上野先生がいろんな本を紹介する本だった。本の紹介とご自身の意見がごっちゃで良い本なのかどうなのかがイマイチ伝わりにくかった。2020/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11510429

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。