中釜洋子選集 家族支援の一歩―システミックアプローチと統合的心理療法

個数:

中釜洋子選集 家族支援の一歩―システミックアプローチと統合的心理療法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月09日 07時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784866161112
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

内容説明

心理療法家・中釜洋子。東京大学教授として、統合的心理療法や家族援助・家族療法の分野で多大な功績を残し、多くの臨床家を育ててきた。2012年に急逝した。本書は、膨大な業績のなかから、中釜の教えを受けてきた4人が選りすぐりの論文を集めたものである。また中釜が行ったケースの逐語も収録。

目次

第1部 子どもと家族(文脈療法の現代的意味;家族心理学の立場からみた子どものこころの問題;思春期・青年期の障がい・問題行動と心理療法;家族における心理的不在のわりきれなさをめぐって)
第2部 事例からみるシステミックアプローチ(夫婦問題(カップル・カウンセリング)の事例研究
面接室の「内」と「外」
家族療法における言葉の使い方
夫婦間不和が認められる事例)
第3部 家族療法家を生きる(気持ちを伝えられない子どもたち―自己開示をためらわすもの;保護者とどう付き合うか?―家族療法の視点から;家族の視点からとらえた主体の危機と臨床;臨床実践のなかで家族はどのように扱われるか―家族療法を謳うカウンセリングルームからの発信)
第4部 実際の事例をめぐって(説き明かし・私の家族面接 初回面接の実際(オリエンテーション~面接))
付録

著者等紹介

中釜洋子[ナカガマヒロコ]
東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。博士(教育学)。臨床心理士。東京都立大学人文学部、上智大学文学部助教授などを経て、東京大学大学院教育学研究科教授。2012年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。