吉田健一ふたたび

個数:

吉田健一ふたたび

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月28日 06時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 308p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784866000572
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

出版社内容情報

没後40年を過ぎ、今なお新しい読者を獲得し続けている吉田健一。新進気鋭の執筆者たちによる新しい評論集。

はじめに 川本直

対談 
川本直・樫原辰郎「健坊、文士になる――吉田健一の生涯」

批評1(随筆) 
宮崎智之「吉田健一の執着と自己表現の地平」
白石純太郎「交遊する精神の軌跡」
 
エッセイ1 
宮崎智之「「或る田舎町の魅力」に導かれて――吉田健一が愛した児玉という町」

批評2(批評)
渡邊利道「孤独な場所で――吉田健一と日本文学」
渡邉大輔「『時間』の窪地に」

エッセイ2 
川本直「吉田健一邸を訪ねて」

批評3(小説・翻訳)
樫原辰郎「吉田健一の長編小説に就て」
仙田学「こういう積み重ねがなくて人間はどこにもいることにならない」
川本直「楽園からの逃亡」

講演「吉田健一と文学の未来」
武田将明「イントロダクション」
富士川義之「吉田健一という生き方」
柴崎友香「吉田健一と東京、小説の中の場所」
武田将明「吉田健一と「英国」の文学」

ブックガイド
川本直、樫原達郎、仙田学、渡邉大輔、武田将明、宮崎智之、渡邊利道、白石純太郎、興梠旦

おわりに 樫原辰郎

内容説明

気鋭の書き手たちが描く新しい吉田健一。

目次

対談
批評1(随筆)
エッセイ
批評2(批評)
批評3(小説・翻訳)
講演―吉田健一と文学の未来
ブックガイド

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件