中央西線―1960年代~90年代の思い出アルバム

個数:

中央西線―1960年代~90年代の思い出アルバム

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月01日 23時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 160p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784865988451
  • NDC分類 686.215
  • Cコード C0026

出版社内容情報

中央本線の西側の中央西線と呼ばれる区間を、蒸気機関車が走る沿線風景をはじめ1960年代以降の懐かしい写真の数々で振り返る。名古屋から長野県の塩尻を経由して東京まで、約400キロに及ぶ中央本線。このうち「中央西線」と呼ばれる区間は、明治44(1911)年に全通して以来、名古屋周辺と信州を結ぶ重要な路線としての歴史を刻んできました。本書では蒸気機関車が走る沿線風景をはじめ、1960年代以降の中央西線を、懐かしい写真の数々で振り返ります。

山田 亮[ヤマダ アキラ]
著・文・その他

目次

1章 名古屋~中津川
2章 中津川~塩尻
3章 塩尻~長野(篠ノ井線、信越本線)

著者等紹介

山田亮[ヤマダアキラ]
1953(昭和28)年生、慶応義塾大学法学部卒、慶応義塾大学鉄道研究会OB、鉄研三田会会員、神奈川県庁勤務(2019年に退職)、鉄道研究家で特に鉄道と社会の関わりに関心を持つ。2001年、三岐鉄道(三重県)70周年記念コンクール「ルポ(訪問記)部門」で最優秀賞を受賞。現在、日本国内および海外の鉄道乗り歩きを行う一方で、「鉄道ピクトリアル」などの鉄道情報誌に鉄道史や列車運転史の研究成果を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

びぜんや

2
図書館からの借り本。一時期出張で毎月のように乗っていた中央西線、「電化はしているとはいえ旧態依然としたローカル線だよなぁ」と思っていたんですが、けっこう改良されて新しくなっている路線だったんですね。比較的最近まで非電化だったこともあり、電車だらけだった「中央東線」とは一転、SLやディーゼルカーの写真が多かったのが印象的でした。乗り慣れたはずの路線でも、知らないことって結構あるものですね。★★★☆☆2020/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13447350

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。