使ってわかったAWSのAI―まるごと試せば視界は良好 さあPythonではじめよう!

個数:

使ってわかったAWSのAI―まるごと試せば視界は良好 さあPythonではじめよう!

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B5判/ページ数 248p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784865942460
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C3055

出版社内容情報

AWS AIの世界を1冊に凝縮!

本書は、AWSが提供するAIのサービスについて、その全体像をまるごと
ざっくりつかんで頂くことを目的としています。
Pythonを使って、まずは画像認識の「Rekognition」や音声認識の
「Transcribe」など、比較的身近なサービスを見ていきます。
次に、トレーニングデータを準備して予測モデルを作成する
「Forecast」や「Personalize」を操作してみます。
AWS AIの世界はさらに広がります。本書の後半では、より一層高度な
サービス、すなわち完全マネージド型の機械学習サービス「SageMaker」、
深層学習フレームワーク「Deep LearningAMI」にチャレンジします。
それでは、早速はじめましょう!

内容説明

本書は、AWSが提供するAIのサービスについて、その全体像をまるごと、ざっくりつかんで頂くことを目的としています。SageMaker、Forecast、Deep Learning AMI、Rekognition等々、さまざまなサービスがあり、全貌をつかむのも一苦労です。だからこそ、本書のナビゲートに沿って皆さん自身が操作し、サービスの内容を確認していくことが大切なのです。体感してこそ身に付きます。それでは、さっそくはじめましょう!

目次

第1章 人工知能とは何か(第3次人工知能ブーム;機械学習 ほか)
第2章 AWSの機械学習サービス(機械学習をどう使うか;AWSで機械学習を使うには ほか)
第3章 AIサービス(AIサービスとは;SDKの使用準備 ほか)
第4章 Amazon SageMaker(SageMakerとは何か;SageMakerのノートブックを使う ほか)
第5章 AWS Deep Learning AMI(EC2環境でのディープラーニング;DLAMIを使う)

著者等紹介

井上研一[イノウエケンイチ]
ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ。株式会社ビビンコ代表取締役、Tech Garden School講師。福岡県北九州市出身。20年を超える業務システムの開発経験の中で、コールセンターへのAI導入プロジェクトに参画したことをきっかけに、2016年に初の著書『初めてのWatson~APIの用例と実践プログラミング』(リックテレコム)を執筆。AI・IoTに強いITコーディネータとして活動するようになる。2017年には、北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選。そのメンバーと株式会社ビビンコを北九州市小倉北区に創業し、IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行っている。日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。