AI時代に進化するFAQの活用と実践

個数:

AI時代に進化するFAQの活用と実践

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月29日 07時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865941746
  • NDC分類 675
  • Cコード C3034

出版社内容情報

 生活者の消費行動がデジタルシフトしている現在、何か「知りたいこと」や「困ったこと」があれば、まずWebサイトを見るという人が増えている。そして、その課題を解決する方法として「FAQサイト」がある。知りたいワードで検索したり、知りたい情報に該当するカテゴリを選択すると、質問文とその回答が表示され、コンタクトセンターに電話をする前にWeb上でセルフサポートする仕組みだ。また近年はAI(人工知能)技術を使った「チャットボット」が注目され、セルフサポートを支援する仕組みの導入も盛んだ。しかし、こうした取り組みが急速に進む一方で、「AIを導入したが期待した効果が出ない」と、AI活用の取り組みから撤退する波も起き始めている。原因は2つある。「FAQが整備されていない」ことと、「“カスタマーにとって最適なFAQコンテンツは何か”を学習させるまでの運用設計がない」ことだ。AIや自動化サービスを効果的に運用するには、正しい方法でFAQの整備を進めていく必要がある。スマートスピーカーやチャットボットなどの新たなコミュニケーションツールへの対応を進めるにあたっても、土台となるFAQが充実しているかどうかが成否をわけることになる。
 本書は、FAQの基礎から、効果指標の設定、成果を実現するための機能や運用ノウハウ、事例まで幅広くお伝えする、過去に類をみない「FAQに特化」したノウハウ本だ。本書を読み込めば、より良いカスタマーサポートを実現するための方法論が身につくはずだ。

大矢 聡[オオヤ サトシ]
著・文・その他

内容説明

FAQの基礎から、効果指標の設定、成果を実現するための機能や運用ノウハウ、事例まで幅広くお伝えする、過去に類をみない「FAQに特化」したノウハウ本。

目次

第1章 FAQとは
第2章 FAQが実現する効果の指標化
第3章 FAQを進化させる運用サイクル
第4章 マインドセットから始めよう―意識化
第5章 安定した運用を実現しよう―ルール化
第6章 FAQソリューションを効果的に活用しよう―ツール化
第7章 輝くFAQコンテンツに磨き上げよう―ブラッシュアップ
第8章 参照されなければ始まらない―FAQサイト・FAQコンテンツの作り方
第9章 FAQコンテンツの品質が成果に直結する―チャット/チャットボット
第10章 FAQコンサルティング事例集

著者等紹介

大矢聡[オオヤサトシ]
株式会社プラスアルファ・コンサルティング。見える化エンジン事業部上級システムエンジニア。NPO法人コンタクトセンターおもてなしコンソーシアム正会員。昭和53年(1978年)生まれ。東京都渋谷区出身。2001年、ソフトウェア会社に勤務し、品質保証部(QA)で会計管理・人事給与管理システムの製品監査/マニュアル制作、ISO9001およびJISQ15001/プライバシーマークの認証取得に携わる。2006年、株式会社リクルートに入社。CS推進部チーフとして、組織戦略策定、育成計画・成長支援、組織運営KPIの策定・実施、情報管理統括担当、ES向上、採用などに携わる。主にリクルートグループ全社のFAQサイトの改革に従事し、「カーセンサー」「ゼクシィ」「SUUMO」「リクナビ」「リクナビNEXT」など、述べ55サイトの導入・運営に携わる。2011年「FAQを活用した問合せ削減とVOC活動」で、コンタクトセンター・アワード/テクノロジー部門最優秀賞を受賞。また、カスタマーの声から商品・サービスの改善提案を行うVOCリーダーとして「じゃらん」「ゼクシィ」「カーセンサー」「ケイコとマナブ」などの新規事業サービスを担当。退社後、短期海外留学を経て、FAQの運用とFAQソリューションの両面からFAQの改革を実現するため、2015年1月にプラスアルファ・コンサルティング入社。現在、「アルファコープ」のコンサルタントとして、導入企業への運用コンサルティング、イベントでの講演などを担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。