Google Cloud Platformによる機械学習システム構築

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 195p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784865941715
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C3055

出版社内容情報

後日掲載

吉川 隼人[ヨシカワ ハヤト]
著・文・その他

内容説明

機械学習では、様々なアルゴリズムの学習モデルが注目されています。しかし実際にこれらをシステムに組み込み、サービスとして展開するには、学習モデル以外の多くの構成要素が必要となります。これらの構成要素を含んだシステム構成を、実際のコーディング例を参照しながら解説し、これからシステムを構築したい読者をサポートするのが本書の狙いです。Google Cloud Platform(GCP)は、非常に機械学習と相性の良いクラウドサービスです。Google App EngineやBigQuery、Dataflow、ML Engineなどを用いて、データ処理から機械学習の演算にいたる環境までサーバーレスで構築することができ、さらに、これらを容易に組み合わせることができます。本書は、GCPを有効に活用し、効率的に機械学習システムを構築しようとする方々の手引書です。

目次

1 機械学習とは(機械学習の概念;scikit‐learnの基礎 ほか)
2 機械学習システム(機械学習システムの全体像;評価とチューニング ほか)
3 データの取得と表示(データの取得に必要な構成;Google App Engineでアプリ開発 ほか)
4 データの前処理(データの前処理に必要な構成;Cloud Dataflowによるパイプライン処理 ほか)
5 学習と推論の環境(学習と推論の運用フェーズ課題;ML Engineによるモデル学習 ほか)
付録 Python2の基本的な使い方

著者等紹介

吉川隼人[ヨシカワハヤト]
1982年宮城県生まれ。東京理科大学大学院基礎工学研究科修士課程修了。学生時代は研究機関にて半導体の研究に従事。メーカーの研究開発部門にて、画像処理ASIC/FPGAの開発プロジェクト、アジアパシフィック圏でのクラウドによるソリューション展開、IoTデータ解析や機械学習を用いた新規技術開発などを経験。現在は、米系IT企業にてクラウドを使ったサービスの開発を提案するエンジニアとして活動する傍ら、Google Cloud Platformや機械学習をテーマに各コミュニティにも登壇し、これらの普及に努めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。