Kotlin Webアプリケーション―新しいサーバサイドプログラミング

個数:

Kotlin Webアプリケーション―新しいサーバサイドプログラミング

  • ウェブストアに17冊在庫がございます。(2017年10月23日 22時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 277p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784865940664
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C3055

内容説明

本書はSpark FrameworkやSpringといった、Javaの世界で有名なWebアプリケーション・フレームワークを活用します。第1部では、プログラミング言語としての機能や文法をしっかり解説します。第2部はSpark Frameworkを使用した簡単なWeb APIの作成を通じて、Kotlinでのサーバサイド開発に入門します。第3部はSpring BootとKotlinで、データベースと接続するWebアプリケーションの開発を体験します。

目次

第1部 Kotlin(ようこそ!Kotlinの世界へ;開発環境構築と最初のプログラム;基本文法;関数;クラスとインタフェース、そのメンバ;その他の機能・文法;Javaとの相互運用性)
第2部 簡単なWebアプリ(Webアプリの基本知識;Webアプリ開発体験;TODOリスト(タスク管理アプリ)を作る)
第3部 少し本格的なWebアプリ(KotlinでSpring Boot;TODOリスト(タスク管理アプリ)を作る―Spring編
データベースを導入する
テスト
Herokuでアプリを公開)

著者紹介

長澤太郎[ナガサワタロウ]
早稲田大学情報理工学科を卒業後、メーカー系SIerを経て、2013年にエムスリー株式会社へ入社。世界の医療を変革するためソフトウェアエンジニアとして従事。自らKotlinエバンジェリストを名乗り、講演や執筆を通して啓蒙活動に尽力。日本Kotlinユーザグループ代表、日本Javaユーザグループ幹事を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

◆◆Android開発にとどまらないJVM言語の威力◆◆

日本Kotlinユーザグループ代表の著者による、書き下ろし第2弾です。
KotlinはGoogleの公式サポート以来、俄然注目されています。
しかし、何もAndroid開発にとどまる理由はありません。
Javaのライブラリやフレームワーク、開発資産を活用できますから、
サーバサイド開発にまで、一気通貫でKotlinを適用しようではありませんか!
それでこそJava代替言語の真価が、いよいよ発揮されることでしょう。


◆◆「Javaより簡単で高機能」→ なら、サーバーサイドにも!◆◆

■3部で構成
本書はSpark FrameworkやSpringといった、Javaの世界で有名な
Webアプリケーション・フレームワークを活用します。
第Ⅰ部では、プログラミング言語としての機能や文法をしっかり解説します。
第Ⅱ部はSpark Frameworkを使用した簡単なWeb APIの作成を通じて、
Kotlinでのサーバサイド開発に入門します。
第Ⅲ部はSpring BootとKotlinで、データベースと接続する
Webアプリケーションの開発を体験します。

■対象読者
本書はプログラミングの初歩的な話題や、コンピュータの操作等には触れません。
したがって、プログラミング自体に不慣れな方には、ハードルが高いでしょう。
しかし、Webアプリケーション開発の経験は問いません。
必要な知識は都度解説しますし、本書で作るサンプルアプリは、ごく小さなものです。
一方、KotlinやSpring frameworkを日常的に使いこなしている方は、
個別に他の資料を当たった方が、問題解決に役立つかもしれません。