第二次世界大戦のミステリー

個数:

第二次世界大戦のミステリー

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月18日 13時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 255p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784865820027
  • NDC分類 209.74
  • Cコード C0022

内容説明

戦争には陰謀や謀略、秘密や裏切りがつきもの。まして、人類史上、未曾有の規模で戦われた第二次世界大戦ともなれば、謎に満ちた事件は枚挙にいとまがない。練達の歴史家ジェレミー・ハーウッドが、終戦後70年を経てもなお謎として残されている数々の不可解な出来事を俎上にあげ、彼我の史料や証言を丹念に比較検討し、はなばなしい戦闘や政治の舞台裏でうごめいていた虚々実々のスパイ合戦や謀略などの実態を解き明かす。220点を越える貴重な写真とともに、戦争の全体像があきらかに…

目次

ミュンヘン・ビアホール爆破事件
スカパ・フロー軍港の幽霊スパイ
もしチャーチルでなかりせば
ダンケルクの「奇跡」
ウィンザー公誘拐事件
ヨーロッパの略奪された財宝
ルドルフ・ヘスの奇想天外な事件
警告あれども準備せず
太平洋戦争のミステリー
ロサンジェルスの「戦い」〔ほか〕

著者等紹介

ハーウッド,ジェレミー[ハーウッド,ジェレミー] [Harwood,Jeremy]
オックスフォード大学クライスト・チャーチ・カレッジで歴史学を学び、公開発表会で優勝するとともに、同じ年度の歴史学部最優秀卒業生としてサー・キース・フェイリング記念賞を受賞する

源田孝[ゲンダタカシ]
防衛大学校防衛学教育学群安全保障・危機管理教育センター長。教授。元空将補。専門は軍事史。防衛大学校航空工学科卒業。早稲田大学大学院公共経営研究科修了(公共経営学修士)。軍事史学会理事、戦略研究学会理事

西澤敦[ニシザワアツシ]
航空自衛隊幹部学校航空研究センター研究員。2等空佐。専門は軍事ドクトリン。防衛大学校航空工学科卒業。防衛大学校理工学研究科航空宇宙工学専攻修了(工学修士)。上智大学グローバルスタディーズ研究科国際関係論専攻修了(国際関係論修士)。豪空軍上級エア・パワー課程修了。航空幕僚監部、大学院研修を経て2007年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

荏苒 byn

1
2014年の版権の英国の著者で、日本出版は2015年と最近の本である。24章のミステリーは、欧州が大半。表紙が原爆の写真で、仮にオリジナルとしても日本人としては抵抗を覚える。 大小含め初耳の事件・裏話・スパイ等多岐。グレンミラーの失踪などもある。 訳は流れの悪いところが気になる。 日本関係では 19章自沈した潜水艦(アメリカ・タンタ)の顛末、ロスのパニックなど。個人的に考える最大のミステリーは、戦争を煽り29万人もの米国人を死なせ、共産主義を跋扈させたFDRの戦時外交に尽きる。2017/09/25

Comics

1
知らないエピソードばかりで面白かった。小説が書ける話ばかり。2016/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9886446

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。