日本陸海軍 勝因の研究

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本陸海軍 勝因の研究

  • 鈴木 荘一【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • さくら舎(2021/07発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月20日 00時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865813043
  • NDC分類 391.3
  • Cコード C0095

出版社内容情報

日本陸海軍が勝っていた時代の戦略戦術!

日清戦争は、首相と軍の参謀次長が暴走する現地軍のトップを解任し、早期終結させて被害を最小限に抑えた?「玉砕」が相次ぐ太平洋戦争で、5600名余りの将兵を無傷で全員救出した指揮官がいた?装甲の薄さが弱点の戦車で勝つ方法は、撃たれる前に敵の前を走り抜けること?

本書ではいままであまり焦点の当たらなかった、日本の対外戦争(初の対外戦争である日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、アジア・太平洋戦争)における日本陸海軍の8つの「成功例」を取り上げ、その勝因を読み解く。戦争における作戦や判断が何もかも誤っていたとまとめるのではなく、冷静かつ謙虚に綿密な振り返りや分析をすることで、失敗・成功、どちらからも教訓を生かすことができる。

内容説明

広い視野、国の遠望、平時における備え、部下への愛、的確な状況把握と冷静な判断、弱点の超克―勝っていた時代の日本陸海軍の成功の本質!

目次

第1部 太平洋戦争(キスカ島撤退作戦の勝因;シンガポール攻略戦の勝因)
第2部 日清戦争 初の対外戦争(ロシアを恐れた日本;日清戦争の勝因)
第3部 日露戦争と日本陸軍(旅順攻略戦の勝因;遼陽会戦の勝因;奉天会戦の勝因)
第4部 日本海海戦と第一次世界大戦(日本海海戦(日露戦争)の勝因
第一次世界大戦の勝因)

著者等紹介

鈴木荘一[スズキソウイチ]
1948年、東京に生まれる。近代史研究家。1971年東京大学経済学部卒業後、日本興業銀行にて審査、産業調査、融資、資金業務などに携わる。2001年日本興業銀行を退職し、以後歴史研究に専念、「幕末史を見直す会」代表として、活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。