シリーズ現場から<br> 学校バトルを真面目に楽しむ―課題別考え方と行動の方法

個数:
電子版価格
¥1,980
  • 電書あり

シリーズ現場から
学校バトルを真面目に楽しむ―課題別考え方と行動の方法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月23日 03時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865652543
  • NDC分類 370.4
  • Cコード C0336

出版社内容情報

「学校バトル」の現場で、従来の枠にとらわれない柔軟で軽やかな思考を展開してきた著者の最新作。コロナ・パンデミックのどさくさに紛れて進行する「学校のデジタル化」と「多忙化」の抑圧策。「バトル」が不可避な局面でも、軽やかに考え、しなやかに行動する方法。

「同調圧力」、心の「学校化」、「安心・安全・コスパ」に抗する、逆転の発想法を提示する。

内容説明

コロナによる「ショック・ドクトリン」がもたらした「学校のデジタル化」等々の抑圧策。「安心・安全・便利・快適・簡単・コスパ」という価値観に抗して「バトル」が不可避な局面でも、軽やかに考え、しなやかに行動する方法を提示する。

目次

バトルの現場1 教育・学校をとらえ直す(先生、わたしたちは主体的なのですか?自由なのですか?それとも―生権力に統治される学校と新自由主義的学校化;「学校に行く」を目標にしない不登校相談―「静岡・登校拒否を考える会」岡崎勝講演記録)
バトルの現場2 ICTとデジタル化・コロナパニック・性教育の迷路(学校のデジタル化問題;今こそ性教育を考える;混乱する学校現場)

著者等紹介

岡崎勝[オカザキマサル]
1952年愛知県名古屋市港区生まれ。小学校教員。フリースクール「アーレの樹」理事。“お・は”編集人。“ち・お”編集協力人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。