雨宮処凛の活動家健康法―「生きづらさ」についてしぶとく考えてみた

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

雨宮処凛の活動家健康法―「生きづらさ」についてしぶとく考えてみた

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月18日 15時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 188p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865651492
  • NDC分類 304
  • Cコード C0036

内容説明

なぜ「生きづらく」なるのか?若者はなぜキャラクターを重層化させるのか?この社会に蔓延する「生きづらさ」に対し独自の立ち位置で発言・行動を続ける稀代のアクティビストに「なぜ?」を山ほど抱えるオッサン編集者が素朴なギモンを投げかけゆるくて強い「戦略」を聞き出した。

目次

第1章 なぜ「生きづらく」なるのか(デビュー当時を振り返る;死に向かう「自己プロデュース」 ほか)
第2章 雨宮処凛とはどんな人間か(極端なところまでいかないと救われなかった;胃洗浄のあと ほか)
第3章 雨宮処凛の実践(「#MeToo」という希望;「#MeToo」と「揺り戻し」 ほか)
第4章 オウムと北朝鮮(オウム裁判の汚点;「真相究明」がなかったら ほか)
第5章 雨宮流人生相談(雨宮流人生相談;今のブラック企業は資本主義カルトだ ほか)

著者等紹介

雨宮処凛[アマミヤカリン]
1975年北海道生まれ。作家・活動家。フリーターなどを経て2000年、自伝的エッセイ『生き地獄天国 雨宮処凛自伝』(太田出版、ちくま文庫)にてデビュー。2006年から貧困・格差の問題に取り組む。著書多数。『生きさせろ!難民化する若者たち』(太田出版、ちくま文庫)にてJCJ賞(日本ジャーナリスト会議賞)受賞

今野哲男[コンノテツオ]
1953年宮城県生まれ。編集者、ライター。横浜市立大学文理学部中退。78年竹内敏晴演劇研究所に入所。その後、演劇現場を離れ、月刊『翻訳の世界』編集長を経て99年からフリーランスとして活動。現在、上智大学文学部英文科非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

22
生きづらいね、、死にたくなる時はしょっちゅうだよ。でも原因て結局は1人なんだよね、、でも攻撃する気にはならないし相手するのも面倒臭い。そんな助けになれば良いなと思い読んでみる。女性だともっと酷いよな。。何故か賃金が低いし、サックスワーカーへの差別も酷い。下を見ても上を見てもどっちも果てしない。よし、原因を消すか!って出来たらどんだけ楽かw仕事もな、、ジリ貧だしな、、嫌な時代だよ。お先真っ暗!ww健康にはならないなさらに病むww2022/02/27

shushu

3
もうこの人が出てきて20年。私も歳を取った。日本は、下り坂を転がり落ちた20年。。こういう人があれこれ活動してもダメに転がり落ちたら国の転落は加速するだけ。。2020/09/05

垂水猫

1
友達同士で人間関係が目的化したり、似た立場でも付き合いにくさがあることを教えてくれた。2019/08/24

ishida

1
タイトルの内容がなんか一致してない気が…なんとなく中途半端な感は否めない2021/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13757805

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。