助監督は見た!―実録「山田組」の人びと

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

助監督は見た!―実録「山田組」の人びと

  • 鈴木 敏夫【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 言視舎(2019/03発売)
  • 和書・和雑誌 全点ポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 80pt
  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2019年06月27日 01時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865651447
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0074

内容説明

「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」「家族はつらいよ」シリーズなど、数々の山田洋次監督作品で助監督を務めてきた著者が、大御所から最近売り出し中の男優・女優まで、出演者たちの“生態”を活写。

目次

1 2019(橋爪功―俺は褒められるのが嫌いなんだよ;妻夫木聡―下らない話するの好きでしょう?;西村雅彦―西村にはその余裕はありません ほか)
2 2008(吉永小百合―この人に欠点はあるのか;三國連太郎―“ごね連”がごねた!?;三國連太郎(2)―差別を嫌い誰に対しても「さん」付けで ほか)
3 2009(山田五十鈴―大女優が礼を言った…;俳優のサイン―“自筆”かどうかを疑って;小林稔侍―不器用さを笑いに変える ほか)

著者等紹介

鈴木敏夫[スズキトシオ]
山田洋次監督スタッフ・助監督。1946年東京生まれ。1970年に松竹入社。『男はつらいよ望郷篇』『釣りバカ日誌』シリーズの助監督も務める。一方、『サラリーマン専科』シリーズ等の脚本も執筆。96年には松竹シナリオ研究所所長に就き、退社後も早稲田大学川口芸術学校で教鞭をとった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。