リーマン・ショック10年目の衝撃―史上空前の金融危機の全容と現在

個数:
電子版価格
¥2,200
  • 電書あり

リーマン・ショック10年目の衝撃―史上空前の金融危機の全容と現在

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月16日 21時58分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865651409
  • NDC分類 338.253
  • Cコード C0033

出版社内容情報



米倉 茂[ヨネクラ シゲル]
著・文・その他

内容説明

世界は「リーマン・ショック」を克服できているのか?危機の真相の深掘。個々の金融機関の危機が連鎖的に他の金融機関を巻き込み、金融システムがシステミック・リスクにさらされ、危機は国家にまで及ぶ―この構造を徹底分析。

目次

前編 新型の取り付けの発生―ステルス型の取り付けの特質(2007年8月のBNPパリバ・ショックはなぜショック?;BNPパリバ事件の底層に沈殿していた米国サブプライム問題)
中編 オール・リーマン化した金融システム―新型「取り付け」の全面展開(投資銀行ベアー・スターンズへの取り付け―金融機関の救済の目的が、“大きすぎてつぶせない”から、“つながりすぎてつぶせない”にシフト;米国住宅金融公社に巨額の公的資金(バズーカ砲)を投入したわけ―住宅市場崩壊防止の最後の後ろ盾
公的資金が投入されず破綻に追いやられたリーマン―公的資本の注入を受けた住宅公社、AIGとの明暗 ほか)
後編 大いなる負の遺産―リーマン危機以降の10年間膨張し続けている世界の債務(金融危機で肥大化した政府・中央銀行;先進国、新興国のいずれにも金融危機の要因が充満;民間から官に転移した金融錬金術のあだ花―アベノミクスの金融緩和の行方)

著者等紹介

米倉茂[ヨネクラシゲル]
経済学博士(東京大学)。1950年鹿児島生まれ。1983年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。1987年佐賀大学経済学部助教授、98年同学部教授。2016年3月佐賀大学定年退職、佐賀大学名誉教授。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りゃうりゃう

6
リーマンショックがなぜ起きたのか。サブプライムローンの焦げ付きが原因なのは当時の報道で知ってはいるものの、なぜそれが証券会社を倒産させるに至ったのか。10年経った今だからこそ、霞掛かっていた真実を順序立てて教えてくれます。所々に挟みこまれた筆者お得意のジョークは相も変わらず。証券の知識があるとより理解が進みます。2019/11/17

もくもく

3
新型コロナ騒動からこっち、「リーマン・ショック以来の経済危機」なんて言葉をしばしば耳にするようになって、改めて「リーマン・ショック」ってどんなモノだったか読んでみようと、ネットで目にした本書をポチりました。マスコミが騒いでいた記憶はありますが、自分の周辺に直接的な影響が無かったためか、あまり細かなことを覚えていないんだよな~。そうか、10年前だったのか~。様々な形の経済破綻が一気に起ったんだなぁ…。単純な連鎖倒産じゃなくて、世界的な経済構造に激震が起ったんだなあ…。経済学の素人には、だいぶ難しかったです。2020/05/21

スプライト

1
リーマンショックに至る、金融危機の流れがよくわかる。 リーマンショック後の状況については、正直本書では必要ない。2019/08/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13507636
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。