ブレないスポーツ報道―ネット時代のジャーナリズムを問う!

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

ブレないスポーツ報道―ネット時代のジャーナリズムを問う!

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 188p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865651393
  • NDC分類 780.4
  • Cコード C0075

内容説明

美談仕立て、感動の安売り、安易な勧善懲悪の「報道」はジャーナリズムではない。長年、新聞記者としてスポーツに携わってきた著者が、危機感をもってスポーツ報道の問題点をえぐる。

目次

第1章 「悪質タックル」の行方(試合終了直後から衝撃映像;怒りの矛先は ほか)
第2章 なぜ独裁体制が生まれるのか?(五輪代表を見せ物に;決死の覚悟 ほか)
第3章 スポーツ現場の「不都合な真実」を追う(対外試合禁止、謹慎;部内いじめなど高校10件を処分 ほか)
第4章 2020年東京五輪は大丈夫か?(首相見送りを優先;福島は安全なのか ほか)

著者等紹介

津田俊樹[ツダトシキ]
1975年産経新聞社入社、プロ野球、五輪担当記者などを経て、東京・大阪本社運動部長、論説委員を歴任、2018年3月に退職。現在、国士舘大政経学部非常勤講師(メディア論、マスコミ論)。元立命館大経営学部客員教授(スポーツビジネス)。15年連続で甲子園ボウルを取材、『関学・立命・京大 アメフト三国志』(産経新聞出版)の監修に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。