英文解釈のテオリア - 英文法で迫る英文読解入門

個数:

英文解釈のテオリア - 英文法で迫る英文読解入門

  • ウェブストアに49冊在庫がございます。(2021年12月05日 10時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784865314472
  • Cコード C7082

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Takashi Satoh

5
Twitterで話題の本書を、まずは読み物として1周目読了。見た目は厚くはないが、内容は薄くない。英文は易しくはないが、受験英語ばかりのマニアックさはない。大学受験参考書の分類だが、もはや英語を操る上での教養が詰まっていると言っても過言ではない。こんなにも、もっと読みたいと欲したことはなく、心地良く英文解釈を終えることができた。文法用語がかなり出てくるので、予め文法の勉強はしておいた方が良さそう。『連鎖関係詞節』って初めて聞いたが、個人的な見解を表す時に使用するという倉林先生の説明の巧さが随所に見られる。2021/10/24

柳原浩紀

1
構文や文法的な分類を徹底的に積み上げては精読していくことが英語力向上のための最短ルート!という方向性で書かれた良書。英文解釈書にしては英文法の説明が徹底して隅々まで書かれていて、あやふやに読んでしまい、「意味がわかるからいいや。」とスルーしがちな受験生にとっては自らの踏まえられていない考慮を一つ一つチェックできる点でも良いと思う。懇切丁寧な英文法の説明をこの一冊ですべて身に着けるのは難しいので、総合英語系の英文法書を参照しながら使いたい。2021/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18670388

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。