水張田の季節―歌集

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

水張田の季節―歌集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月04日 13時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 149p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865283693
  • NDC分類 911.168
  • Cコード C0092

内容説明

仕事と家庭を行き来しつつ詠まれた気鋭の著者による第一歌集。

目次

1(花に額ずく;ログイン;欲の煮くずし方;蟹の缶詰め;音のない火事;夏富士;冬樹の枝;細く細く;お酒と海と;春の山)
2(ハッピーマンデー、そして火曜日;弥生朔日;ある朝あるタ;車窓;ハスキー)
3(水張田の季節;春の花殻、夏の蕾;夏風邪;仰ぎみる;立山行;出願の朝;静物;あそび;モノレール)
4(cards;時間;夏の道;手を振る;御在所;追う才;安全装置;そして、近ごろは;フーコーの振り子)

著者等紹介

柳原恵津子[ヤナギハラエツコ]
1975年東京生まれ、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程中退。2005年に歌作を開始、りとむ短歌会を経て、未来短歌会陸から海へ欄に所属。白の会などに参加。未来評論・エッセイ賞2016。第八回現代短歌社賞佳作。非常勤研究員として研究所勤務(専門は日本語史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あや

23
読むのに時間がかかってしまった歌集。決して難解なのではなく、ひとつひとつの作品をちゃんと受け止めようと思ったら読むのに時間がかかってしまった。この1冊をひとことで表現するなら帯文の黒瀬珂瓓さんのひとこと「慧眼の研究者として家族の一員として」のお立場からさりげなくかつ適切に日常を切り取り日記のように誰かに宛てたお手紙のように描いていらっしゃる所にとても心惹かれ共感致します。ページに栞を挟んだ歌多数で、のちほどコメント欄に引用致します。2023/10/15

yanagihara hiroki

1
第一歌集。表現は鈍く、テクニカルでも、気の利いた比喩もない。この世界の実相に新たな切り口を示してくれるような力を文学性と呼ぶのなら、その要素は薄い。詠まれる喜びも悲しみも、ありふれたものにすぎない。 しかし、それでも見過ごすことはできないのは、この歌集が中途半端な存在として生きる我々の寄る辺なさを目を背けずに描こうとしているからなのかもしれない。そしてその一点においてこの歌集には、確かに存在意義がある。その鈍重さとは即ち、賢しらな我々が表現に溺れてつい軽視しがちな誠実さであることに、強く勇気づけられる。2023/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21276037
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。