吉田修一論―現代小説の風土と訛り

個数:
  • ポイントキャンペーン

吉田修一論―現代小説の風土と訛り

  • 酒井 信【著】
  • 価格 ¥2,484(本体¥2,300)
  • 左右社(2018/09発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 46pt
  • ウェブストアに17冊在庫がございます。(2018年12月15日 17時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 334p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865282108
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

『パレード』から『悪人』、そして『国宝』まで。純文学と大衆小説の文学賞を合わせて受賞するなど振れ幅のある吉田修一の仕事わ長崎という「風土」から捉える。吉田修一のほぼ全作品を網羅。

目次

第1章 吉田修一の「風土」(長崎;父親と酒屋;母親と「成熟と喪失」)
第2章 吉田修一の「小説の嘘」(丸山明宏「ヨイトマケの唄」と長崎;長崎南高校;軍艦島の偽ガイド)
第3章 吉田修一の「訛り」(感情の訛り;疑似家族的な親密さ;男女別の秩序)
第4章 吉田修一の「故郷喪失」(故郷喪失;村上龍と村上春樹との風景描写の違い;吉田修一とカズオ・イシグロの長崎)
第5章 吉田修一の「悪」(新宿;悪人=吉田修一の故郷;長崎から歌舞伎座へ―『国宝』の風土)
付録 吉田修一作品の舞台マップ

著者等紹介

酒井信[サカイマコト]
1977年長崎市生まれ。長崎南高校、早稲田大学人間科学部卒業。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。慶應義塾大学助教を経て、現職は文教大学情報学部准教授。専門は文芸批評、社会思想、メディア論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。