放送大学叢書<br> 哲学の原点―ソクラテス・プラトン・アリストテレスの知恵の愛求としての哲学

個数:

放送大学叢書
哲学の原点―ソクラテス・プラトン・アリストテレスの知恵の愛求としての哲学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年04月24日 09時42分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 395p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865281491
  • NDC分類 131

内容説明

哲学史2400余年の本来の出発点。思索の筋道が蘇る!ギリシャ哲学研究者必携。

目次

第1部 ソクラテス(ソクラテスの「知恵」―『ソクラテスの弁明』;ソクラテスのエレンコス―プラトン初期対話篇)
第2部 プラトン(プラトンは超越的イデア論者か;仮説的イデア論1『パイドーン』;仮説的イデア論2『国家』;イデア論の再検討―『パルメニデス』;「エピステーメー」概念の再検討1―『テアイテートス』;「エピステーメー」概念の再検討2―『テアイテートス』;分割法―『ソフィステース』『ポリーティコス』;イデアのコイノーニアー―『ソフィステース』)
第3部 アリストテレス(アリストテレスにとっての「哲学」―『形而上学』;「ト・オン・レゲタイ・ポラコース」―『形而上学』;本質をめぐる議論1『形而上学』;本質をめぐる議論2―『形而上学』;論証理論―『分析論後書』)

著者紹介

天野正幸[アマノマサユキ]
ギリシャ哲学。東京大学名誉教授。1947年兵庫県西宮市生まれ。1975年東京大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士課程中途退学。山形大学人文学部講師。1981年同大学助教授。1985年東北大学文学部助教授。1989年東京大学文学部助教授。1993年同大学教授。1999年放送大学客員教授。2012年東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件