放送大学叢書<br> 方丈記と住まいの文学

個数:

放送大学叢書
方丈記と住まいの文学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年04月24日 09時36分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 249p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865281453
  • NDC分類 910.2

内容説明

理想の生き方の原点がここにある!鴨長明、兼好から一葉、鴎外、漱石、森茉莉、吉田健一まで、住まいの描写からみる文学の多様性。

目次

草庵・閑居・廃園の文学誌
『方丈記』―草庵記の誕生
『徒然草』―住まいを論評する
風雅な庭園―中世文人の造園趣味
近世前期の住居記―木下長嘯子から芭蕉まで
閑居記のユーモア―横井也有と大田南畝
廃屋と陋巷―樋口一葉と泉鏡花
市隠への憧憬―夏目漱石と森鴎外
近代の散策記―佐藤春夫から野田宇太郎まで
草庵記の継承―森茉莉の世界
住まいと文学のゆくえ―吉田健一の世界

著者紹介

島内裕子[シマウチユウコ]
国文学者。専門は、『徒然草』を中心とする批評文学。古典と近代、文学と絵画、文学と音楽、日本と西洋などを響映させる手法で、新たな研究を展開している。放送大学教授。1953年東京に生まれる。1979年東京大学文学部国文学科卒業。1987年東京大学大学院博士課程単位取得退学。1991年放送大学助教授。2009年博士(文学)(東京大学)。同年放送大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)