黒澤明と小林秀雄―「罪と罰」をめぐる静かなる決闘

個数:

黒澤明と小林秀雄―「罪と罰」をめぐる静かなる決闘

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年07月24日 23時43分現在)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 302p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784865200058
  • NDC分類 980.28

内容説明

なぜ映画“夢”は、フクシマの悲劇を予告しえたのか。1956年12月、黒澤明と小林秀雄は対談を行ったが、残念ながらその記事が掲載されなかったため、詳細は分かっていない。共にドストエフスキーにこだわり続けた両雄の思考遍歴をたどり、その時代背景を探ることで「対談」の謎に迫る。

目次

序章 「シベリヤから還つた」ムィシキン―小林秀雄のドストエフスキー論と黒澤明
第1章 映画“白痴”の魅力と現代性―戦争の「記憶」と洞察力
第2章 映画“生きものの記録”と長編小説『死の家の記録』―知識人の傲慢と民衆の英知
第3章 映画“赤ひげ”から“デルス・ウザーラ”へ―『白痴』のテーマの深化
第4章 映画“夢”と長編小説『罪と罰』―知識人の「罪」と自然の「罰」

著者紹介

高橋誠一郎[タカハシセイイチロウ]
1949年福島県二本松市に生まれる。東海大学文学部文学研究科(文明専攻)修士課程修了。東海大学教授を経て、現在は桜美林大学非常勤講師。ドストエーフスキイの会、黒澤明研究会、日本トルストイ協会、日本比較文学会、日本ロシア文学会、比較文明学会、日本比較思想学会、世界文学会、ユーラシア研究所、東海大学文明学会、東海大学異文化交流研究会、日本ペンクラブ・環境委員会などの会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)