サ道―ととのいの果てに

個数:

サ道―ととのいの果てに

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 228p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865063837
  • NDC分類 498.37
  • Cコード C0095

内容説明

サウナ室と水風呂とととのい椅子を往復する人生に捧ぐ。唯一無二のサウナ大使・マンガ家のタナカカツキ渾身のサウナエッセイ刊行!2011年『サ道』(PARCO出版)が生まれ、マンガ、ドラマ、社会的流行まで広がり続けるサウナを改めて考察した必読の1冊です。描き下ろしマンガも収録。

目次

01 サ道とサウナの盛り上がり(『サ道』前夜;知覚の扉;すべてのはじまり、書籍『サ道』 ほか)
02 サ旅とこれからのサウナ(フィンランドで初アバント;リトアニアのウィスキング体験;サウナづくしのサウナツアー ほか)
03 ととのいの果てに(家風呂の入り方;快適さへのフォーカス;スーパー固定起床 ほか)

著者等紹介

タナカカツキ[タナカカツキ]
マンガ家。1966年、大阪生まれ。1985年、マンガ家としてデビュー。水中園芸家でもあり、『世界水草レイアウトコンテスト』世界ランク最高4位、日本人ランク最高1位。2011年、『サ道』刊行後、日本サウナ・スパ協会公認のサウナ大使に就任する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ホッパー

59
著作「サ道」から数年後、筆者がサウナを通してどのような生活を過ごしてきたか記されている。最後のあたりはもはやサウナ関係なく生活がととのっている。タイトル通りだ。元々ストイックな人なのだなと感じる。2022/05/03

向山 彰彦

4
サウナのノウハウではなく、サ道を描くにあたって起きたことの記録。サウナと直接の関係があるのかないのかわからないが、作者の漫画家らしい夜型の生活が、規則正しい朝型の生活に”ととのう”ようになっていくのが面白い。2022/03/21

月華

3
図書館 一巻は図書館になかったのでこちらのみ借りました。一巻を書かれたのは10年前とのこと。その間の変化なども書かれていて、一巻目も読んでみたくなりました。2022/05/05

ゆうちゃん

1
第三次サウナブームの伝導師であるタナカカツキ氏のエッセイ。内容はサウナ勿論のこと、健康セオリー、ルーティン、ととのいとは何かなど多岐にわたる。サウナーは共感ポイントが多いと思う。最後の衝撃の告白も含めて、楽しく読める本となっている。日本は四季があり、自然豊かな田舎があるので、そういったメリットを活かしたサウナが増えればと願う。2022/05/21

マヌタ

1
著者のサウナマンガは読んだことあったが文章は初めてだった。驚いたのがなにしろ文章がわかりやすくてうまい。漫画家さんはやはり言葉も紡ぎ出すのでうまいもんだなと実感。 とりたててサウナに関する新鮮なトピックはないが、まあ、ゆるく読めるのでリラックスできる。2022/04/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19288214

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。